サテライト・サロン活動

■第51回サテライト・サロン吉祥寺報告
・日時:9月25日(水)午後6時30分
・演者:小嶋一男氏
・演題:怖くて恐ろしい雪崩の予防と技術
1.雪の性質
・熱や温度によって大きく変化する。
・雪面は可視光線はほとんど反射するが、赤外線に関しては完全国体に近い。つまり、熱を極めて良く吸収する、と同時に激しく熱を放出する。
・「雪崩」が力学とすれば、積雪の強さ、とその雪にかかる力、のどちらが大きいかを調べれば判る。
・しかし、雪にかかる力や熱を簡単に調べる事は困難で、雪崩の発生を正攻法で調べて実地の用に供する事は、現在のとこと絶望的である!と想像できよう。
2.雪崩の種類
 A.点発生ナダレ
 B.面発生ナダレ
 (1)面乾雪ナダレ
  @乾燥ナダレ
  A雪板ナダレ
 (2)面湿雪ナダレ
  @湿潤ナダレ
  A旧雪ナダレ
 C.ブロックナダレ
 D.氷河ナダレ
3.日本の冬季
日本列島の西側(日本海)に低気圧、東側(太平洋)の時、乾燥した西よりの風が日本海から水蒸気を吸収して、筋状の雲となって、中央山脈に当たり、日本海側に大雪を振らせ、乾燥した空気は太平洋側にからっ風を吹かせる。山では、東側、南側に雪庇が出来るので、踏み抜きに注意する。
4.雪崩の予防方法(事前に計画を検討する、と行動中の判断する)
順番に各項目を検討して、yes,の項目の場合は次の項目に進む。no,の項目の場合は、前の項目に戻り再度検討する。ここが重要です。
A.登山計画の検討
◇計画立案
(地形)
 ・ルートの全てが安全か?
 ・危険な場所を調べあげよ。
(積雪)
 ・そこを通れる時があるか。
 {no;全面的に計画を変更せよ。}
 ・通過可能の時を調べあげよ。
(天候の影響)
 ・天候を仮定して計画を検討せよ。
 ・危険地帯が安定しているときに通れるか。
 {no;計画修正は可能か}
 {no;全面的に計画を変更せよ}
 ・天候が外れても安全か。
 {no;待機、退却、経路変更をすれば安全か。}
 {no.計画修正は可能か。}
 {no.全面的に計画を変更せよ。}
(隊におけるトラブル}
 ・予想されるトラブルを調べ上げよ。
 ・トラブルにより予定が狂っても安全か。
 {no;待機、退却、経路変更をすれば安全か}
 ・予定が狂った時の連絡方法、救援時期などを、本隊、別動隊と打ち合わせよ。
 ・登山計画の検討終わり。
B.行動中の雪崩判断
△計画進行
(自然ナダレ・乾燥、湿潤、旧雪、ブロック、)
 ・積雪・天候は予想通りか。
 ・雪がとけるほど暖かいか。
*A.降雪、融雪は進行するか。
(誘発ナダレ、偶発ナダレ・乾燥、湿潤、)
 ・積雪の不安定をしめす兆候があるか。
 ・雪はしまっているか。
*C;*D;
 ・過去1〜2日の新雪か。
 ・サラサラした軽い雪か。
 ・積雪に刺激を与えぬよう静かに行動せよ。
*A;]
 ・自然ナダレを警戒せよ。
 ・誘発ナダレ、偶発ナダレを警戒せよ
。  ・危険地帯を通らずにすむか。
 ・安全な時刻にそこを通れるか。
・安全に退却できるか。
 ・退却せよ。
*B;
 ・待機時間の長短を計算して適当な場所に避難せよ。
*C;雪がとけるほど暖かい日があったか。
 ・クラストの下はサラサラした雪か。
 ・足場崩壊に注意せよ。
 ・ウインド・クラストした雪か。
 ・雪板があるものちして行動せよ。
5.ナダレと伝承
〇「雪が降ったら、その2〜3日は危険な急斜面に近づいてはならない。」
 この説は、ヨーロッパから輸入されたもののようである。アルプスでは一回の降雪量が少ない。
  〇日本の中部地方またほそれに近い山々でのナダレと比較してみると、降雪が続いてある程度積もった後は、降雪中でも盛んに自然発生する。また、降雪が終わってからある期間の積雪は極めて不安定で、登山者が踏み込めばナダレを人為発生する。
・気温が」かなり高いような場合には変態が早く、数時間で雪は落ち着くし、寒冷の場合には、雪はなかなか落ち着かない。
・ナダレの危険を感じたらトラバースをやめて直登せよ、という説がある。直登して、傾斜がゆるくなってから、トラバースするのがいい。舶来の説であろう。
〇北米では地域によって大きな違いがあるが、雪崩対策は積雪の観測が進んで、独自の意見が現れている。
◎ナダレそのものは自然現象である。しかし、遭難は人間の行動である。例えば、一日待てば全く問題なしに下山できる所を、無理に強行して、会社の欠勤届と生命を取り換える、といった奇妙な行動をとるのも人間である。
☆資料:「山岳技術考」金坂一郎・遺稿集。
・金坂一郎氏は、ハーケンの金具を通す丸い穴の下側に、アゴが出ている様に加工して抜けにくくして、安全になる様に考案もしました。

参加者
小嶋一男、金子浩、上村信太郎、木村康雄、小清水敏昌、杉浦誠一、副島一義、高橋清輝、富澤克禮、鳥橋祥子、夏原寿一、原山恵津子、前田種雄、宮川清彦(14名)


■第52回サテライト・サロン吉祥寺開催案内
 10月の体育の日も雨、百年に一度の豪雨、強風が度々来襲して、山河の崖や堤防、町村の家屋が崩壊して多大な被害がでました。お見舞い申し上げます。
 今回は、フィンランド・ヘルシンキからノルウエー・NordKapp迄の8000.qを6人でレンタカーでキャンプ場巡りのお話をして戴きます。
 今井正史氏はぶなの会に1971年入会、ネパール・ゴーキョピーク、インド・イマチャール、またご家族でカナディアンロッキー、中南米等、海外登山15回以上登頂の山歴です。
・日時:令和1年11月27日(水)午後6時30分〜
・場所:本町コミュニティーセンター 3階会議室
    武蔵野市吉祥寺本町一丁目22-2
    (吉祥寺駅東口 ヨドバシカメラ 裏通り)
・演題:「フィンランドのキャンプ事情」
    7月22日から8月9日まで 18日間
・演者:東京都勤労者山岳連盟ぶなの会今井正史氏
・資料代:200円
・世話人;副島一義  電話090-5778-7336


■第50回サテライト・サロン吉祥寺報告
・日時:令和1年5月29日(水)午後6時30分
・演題(1)「インドヒマラヤ ラダック地方とザンスカールの紹介」
・演者:北島英明氏
・内容 「日本山岳会東京多摩支部創立10周年事業 海外未登峰遠征計画」
    日付:2020年7月8日(土)〜8月10日(月)
    山名:インド ジャム・カシミール州 ラダック地方 ザンスカール
    山番号、T13(6436.m)が本命、T12(6028.m)、T9(6107.m)。
    登山隊員 登攀員;3〜5名
    サポート隊員:5名(ベースキャンプまで)
    現地隊員:ポーター、馬方、コック
    資金計画:本隊 350万円(隊員 35万円)。
    寄付、カンパ、ほじょ機、等
・演題(2)「東京多摩支部創立10周年記念事業実行委員会」の活動報告
・演者:高橋清輝氏
・内容 式典日時:1月18日(土)
    式典会場:中央線武蔵境駅北口 スイングビル 大広間
    記念品:検討中
    記念誌:広報委員会
    その他    以上
参加者
北島英明、高橋清輝、新井正人、市川義輝、上村信太郎、岡義雄、小口治、鬼村邦治、金子浩、木村康雄、小嶋一男、近藤裕、鈴木克己、副島一義、高橋重之、田中清介、田村俊之、辻橋明子、鳥橋祥子、中原三佐代、西村智磨子、原山恵津子、山口直子、山口峯生  計25名


■第49回サテライト・サロン吉祥寺報告
・日時;平成31年3月27日(水)午後6時30分〜
・演題;「酷寒の北東シベリアの民族と危険で恐ろしい雪崩」
・演者:小嶋一男氏
今回は犬ぞりレースではありませんで、ロシアシベリアのバイカル湖 湖畔のイルクーツクからグリンランドの東海岸アンマンサリック迄の22,000.kmの「極北ロマン紀行探検隊」を1997年から2004年迄犬ぞりで走破しました内の、初年度のチエルスキー迄の7,400.qを走破した分を話ます。
・日付け;1997年3月3日〜5月4日。
・参加者;日本人5人、ロシア人6人(非常事態宣言省の役人)
・乗り物;犬ぞり2台、カラフト犬は1台(雄は7頭、雌は3頭)、夏季は現地で40頭を預けて管理してもらっている。
 保管料はロシアでは年間4,000.ドル、アメリカでは食料、医者代、含めて1日当たり1頭1ドルです。
・乗り物;6輪駆動車(ロシア人役人用)
・食料;人間は4,000.kcal、犬は15,000kcal。
・宿泊;テント日本人用は2張り、ロシア人用は2張り。
シベリアに居住する原住民族は厳重な囲いで塞がれていて、検問所からだけ出入りする事が出来ます。
通過するために入場する時は、許可が必要でした。民族の数は下記の通り多いですが、人口は50人から数万人住んでいます。しかし、他へは移動は出来ません。
部族の名称はその地名を兼ねることが多いです。ナイフを見ると、民族名は解ります。
食料の保存は地下室に蓄えます。室温が常時−20℃位で屋外よりも適しています。
・通過した民族名
1)ブリヤード
2)ヤクーチャ
3)チュク
4)エベンキ
5)エベンガイ
6)オロチョン
7)ツングース
8)トルガン(サハ共和国)
・住民は罠に掛かった獲物を狼に食べられないように、巡回する。
・狼はカリブーを一週間追いかけて食物にする。年間10頭位を捕獲する。
□スライドの画像□
オーロラ、犬ぞり、犬の隊列、テント、民族衣装、祭り用踊りの太鼓、洗濯物の干し場、食料保管用の地下室。氷上での狩りの様子、獲物を捌いている様子、白熊の毛皮の干し場、毛皮を着てナイフを見せている原住民、アコーデオンを演奏している原住民の楽団員、等々を解説して頂きました。(以上)
参加者  24名
荒井正人、市川義輝、上村信太郎、大島祥子、岡義雄、小口治、鬼村邦夫、金子浩、木村康雄、小嶋一男、近藤裕、鈴木克己、副島一義、高橋重之、田中清介、田村俊介、辻橋明子、鳥橋洋子、中原三佐代、西村智磨子、原山恵津子、宮川清彦、山口直子、山口峯生


■サテライト・サロン多摩報告
―― 有志閑談会 ――
開催日  3月30日(土)
@会員談話会(関戸公民館) 13:30〜15:45
日本山岳会の会員で同じ地域に在住する会員同士の交流の場として開催。
情報交換、知識の共有などにより、会員として日本山岳会を、登山者として登山界をどう支え、豊かな登山環境づくりのなかで「クラブライフ」を楽しみ、会員としての責任を考える場をつくること等の話題が出された。会員同士がコミュニケーションをもち「クラブライフ」を楽しむために、まずは会員同士が知り合うことの雰囲気づくりと情報交換を行った。
<情報提供>
支部設立10周年記念事業準備状況(高橋清輝)
ザンスカール登山隊計画概要(北島英明)
たまサロンの予告など(石井秀典、神崎忠男)
A桜を楽しみ移動(聖蹟桜ヶ丘駅周辺) 15:45〜16:15
B会員懇親会(どん亭) 16:30〜18:30
会員懇話会が延長となり、桜を楽しむ時間を短縮し、会員懇談会を開始した。しゃぶしゃぶ料理を食べて酒も嗜みながら、会員同士の情報交換が行われて会員懇親会の目的は一応果すことが出来た。
出席者
本多祐造、高橋清輝、今村千秋、小清水敏昌、筧 邦男、林 榮二、小口 治、杉ア敬子、城所邦夫、若林勝昭、坂本正智、小河今朝美、金 邦夫、北島英明、市川義輝,原 満紀、松本恒廣、岡 義雄、廣田 博、数見 直、澤登 均、竹中 彰、北原周子、矢野光之、長島秀行、高砂寿一、田中清介、小野勝昭、今田明子、石井秀典、神ア忠男 計31名


■第48回サテライト・サロン吉祥寺報告
―― エベレスト街道トレッキング報告 (森中安昭氏)――
 演者の森中安昭氏は今回のトレッキングリーダーで、海外登山を10回も経験されていますので、国内旅行業者を利用しないで、直接ネパールの業者と何回も連絡を取り合って、ゆっくり登山で高山病を出さない日程を取り入れ、安全の事で帰路にヘリコプターを活用しても、安価に抑えられた。
第1日目  10月29日(月)
成田空港9:05発〜11:50着 ソウル(インチョン空港)13:25発〜17:05着カトマンズ空港、マッラホテルへ16名、無事到着した。
第2日目  10月30日(火) ルクラ(2840m)〜パクディン(2610m)カトマンズ空港6:45発〜(2機に分乗)〜ルクラ空港 到着後、アシスタントガイド、ポーター、専属コック、キッチンスタッフ、全員29名の部隊、荷物運搬のゾッキョ5頭で、8:30に出発。ドウード・コシ(乳白色の川)の谷沿いの緩い登り降りを繰り返す道を進み、15:20 パクディンへ到着、ダージリン・ロッジに投宿、各部屋のツインベッドには湯たんぽが配られる。
第3日目 10月31日(水) パクディン(2610m)〜モンジョ(2835m)8時出発、村々を通り、タムセルク(6608m)を展望できるとエベレスト街道のトレッキングに来たと感慨を抱く。13時にモンジョに到着。
通常はナムチェまで歩きますが、我々は高度順応に万全を尽くす為、また、「ビスターライ、ビスターライ(ゆっくり、ゆっくり)」で歩き、周囲の山々の眺めを楽しみ、疲れを残さない為。ここで一泊しました。夜は満点の星。素晴らしいギャラクシー(銀河)。今までに見たこともないほど近くにはっきりと見えた美しい天の川でした。感動!来てよかったと思った。
  <ゾッキョは雌のヤクと雄の牛の掛け合わせ、生殖能力が無いので一代限り。荷物を運んでいるのは雄のゾッキョです。>
第4日目  11月1日(木)モンジョ(2835m)〜ナムチェ(3440m)7時出発、高度感のあるドウードウコシの釣り橋を渡り、エベレストが初めて見える場所を通り、12時50分 サングリラ・ロッジに到着、昼食後、お土産品を買いに村をめぐる。登山装備は全てそろっている。
第5日目  11月2日(金) ナムチェ(3340m)〜タンボチェ(3880m)7時出発、ヒマラヤ・パノラマルートのエベレスト、ローツエ、アマダブラム、などのだいご味を味わう。一旦、サナサむらまで下がってから標高差600mの坂道を2時間掛けて登り返す。街道で最も大きいゴンパ(チベット仏教僧院)があるタンボチェに16時10分到着。
第8日目 11月5日(月) ホテル・エベレストビュー〜カトマンズホテルから曙光の神々しい嶺を眺める。このホテルに再度泊まってエベレストを眺めるという願いが叶った。早朝、ホテルから3班に分かれてヘリコプターでルクラ空港へ、ここから2班に分かれてカトマンズ空港へ。サンセットビュー・ホテルの蕎麦屋で天ぷらそばで少し遅れた昼食。マラッカホテルに投宿、荷物を置いて買い物。夕食はチベット鍋。
第9日目 11月6日(火) 機中泊。
午前中、ダルバール(宮廷)広場で世界遺産の寺院見学。地震で大きく崩壊、あちこちで修復中。修復費用捻出のためか?広場に入る外国人だけ有料。私の目的は生きている神様のクマリ(4歳)の館で拝顔すること。1日に2回だけ顔を出すが、幸いにも11時40分に顔を45秒だけ出され、上下左右に顔を振り、退出された。
広場から昼食のレストランまでは二輪人力車(2人乗り)8台をチャーターして、一列になり街中を進のは壮観。カトマンズ空港 20:30〜(翌日)5:30 ソウル・インチョン空港。
第10日目 11月7日(水) 成田空港。
ソウル・インチョン空港 10:10 〜 12:30 成田空港。予定通り、到着。今回はゆったりとエベレストビューを楽しみました。
参加者
日本山岳会東京多摩支部
金子 浩、神崎忠男、小清水敏昌、小嶋一男、近藤 裕、副島一義、鳥橋祥子、野口いづみ、廣田 博、山口峯生
武蔵野市山岳連盟むさしの山の会
上原美子、魚地冨貴子、金子すみ、津田武秀、堀米昭子、皆川錬造、森中安昭
計17名


■サテライト・サロン多摩報告
― ジビエ料理を試食して自然保護を語ろう ―
・日時   2019年2月19日(火) 18:30〜20:50
 ジビエ料理(狩猟で得た野生鳥獣の食肉料理)を試食するとのことで、参加者が多数となり会場の会議室は満員状態となった。当日のプログラムは、まずはジビエ料理を作る時間帯を利用して「ニホンジカの生態」のトークショーを実施、その後にジビエ料理(シカ肉カレー)の試食、食事後は野生動物と自然保護について全員で話し合いする内容で実施した。
 多摩サロンの活動は、支部会員同士の親睦、交流等をより活性化することを目的の一つにしているので、まずは参加者全員が自己紹介を行った。各人からは、登山等活動キャリアや日本山岳会での活動経歴などが紹介され、皆さんのキャリア等情報を知ることで会員同士の距離感が近くなりコミュニケーション作りの機会ができたものと感じた。
 自己紹介が終了後、「ニホンジカの生態」のお話しを野生動物救護医師協会ボランテア会員である内田栄一氏が行った。ニホンジカの生活行動、保護管理と個体数管理の経歴、農作物被害状況などを約30分に亘りお話しされた。全国のニホンジカ生息数は、2017年度で237〜317万頭に増加、活動範囲も全国で拡大し、農作物被害は約60億円(鳥獣分類別で被害総額の35%で最大)であり、シカ問題は深刻な状況なっている。

 

自己紹介とトークショー実施の間、女性会員が別室ワークショップルームで調理していたジビエ料理が出来上がり、トークショー終了後にワークショップルームに移動して試食会を実施した。今回のジビエ料理は、長野県で購入したシカ肉入りレトルトカレーである。肉が柔らかく美味しいカレーでお代わりを要求する人もあり、試食会は大好評であった。ジビエ料理は、食の安全性確保のために狩猟から消費に至るまでの各工程が、厚労省や農水省が定めた指針に基づく衛生管理の徹底が必要であり、今回のシカ肉カレーもそれに則り作成されたものである。参加者30人分のご飯を炊き、シカ肉入りカレーライスを準備してくれた女性会員に感謝の意を表し、再び会議室に戻った。
 会議室に戻り、野生動物と自然保護についての話し合いを行われ、参加者からいろいろな発言があった。鳥獣の保護及び管理の行政担当は環境省であるが、実質的業務は各自治体が実施している。奥多摩町では平成15年度からオスジカ、17年度からメスジカの狩猟禁止が解除されて、シカの捕獲数が増加した。一方の農林業被害対策の有害鳥獣捕獲では、平成17年度から個体数調整の管理捕獲が実施されたこと。鳥獣類の個体数増加により水辺の汚染被害がひどくなっていることなど、野生動物と自然保護との関係には多くの課題があるようだが、ジビエ料理が野生鳥獣による農作物被害減少や森林等環境保全などに役立つことを大いに願うものである。
報告文/石井秀典
参加者
西村政晃、北原周子、川口章子、今田明子、廣田博、近藤裕、原満紀、酒井省二、内田栄一、澤登均、竹中彰、筧邦男、市川義輝、冨澤克禮、田中清介、内藤誠之郎、長嶋秀行、木村康雄、辻橋明子、高橋重之、堀尾明子、亜厂文代、神崎忠男、石井秀典、軽登山クラブ5名、日大二高山岳部OB会2名  計31名


■第47回サテライト・サロン吉祥寺報告
・日時:平成31年11月29日(木)午後6時30分
・演題:
「75歳、ウズベキスタンでの日本語教師の楽しさ(5月26日〜8月25日まで滞在)」
・演者:西村興八、和子
<ウズベキスタンへ>
ソ連が崩壊した後の、シルクロード、中央アジアが今どうなっているのかを知りく旅に出たいと思っていた。
そんな中、突然、某大学の国際部から、「ウズベキスタンからの留学生を増やしたい。日本への留学生の関心が高まってきた。日本人の先生は始めてである。歓迎したい。是非、サマルカンドに行って欲しい。」と派遣要請を受けた。
「何か社会の役に立ちたいと考えていました・・・」、「中央アジア地域の未知、神秘と知的なものに」魅了され、中国四川大学、カンボジャ ロイヤルプノンペン大学で経験の在った和子夫人が「これはおもしろいわ」と一緒に渡航を決断した。
期間は6月から8月、ボランティアの条件で日本語センターに赴任した。
成田から首都のタシケントまで6030km、午前0時30分に出発、宍道湖から北緯35度を西へ、シルクロードの上空で夜明けと共に眼下に雪の天山山脈がそびえ、南にタクラマカン砂漠、強烈な日差しが照りつけ、干し上がった川床が幾つも見える。「感激、感動の別世界の景色を眼下にする事が出来ました。」
午前6時30分に到着、飛行時間は9時間30分、現地のスッタフの出迎えを受け、また、空路で約1時間のサマルカンド空港に到着。それからはタクシーで30分、市の中心部のレギスタン広場、大きな松の木とポプラに囲まれた官舎(宿舎)に到着しました。
気温47度だが壁の厚さ40cmで室内は暑くなく、蚊はいない。
<ウズベキスタン共和国>
面積は日本の1.2倍、人口は3200万人。公用語はウズベキ語、タジク語、ロシア語。
多民族国家。イスラム教(国教)だが影響力は弱く、街中にコーランは放送されていない。
若い女性は日本や欧米と変わらない洋装でノースリーブ、女学生やOLは体にピッタリした白いブラウスに黒のタイトスカートです。
イスラム教の女性は18歳で結婚が普通です。
相続は遊牧民の風習で、末っ子の男子がする。
お酒は禁止。お茶を飲まずに食事の時は2gのペプシコーラ、紙袋に入れて持ち歩いている。
資源は石油、天然ガスは豊富だが、輸出産業への移行が上手くいっていない様で、また、大型の建設工事が途中で止まっている。若者達に仕事が少なく、「物作り」への投資が進んでいない。
<日本語学校(レギンス公園内のビジネスセンターの隣)>
生徒数は50人で女性は4人、大学生、社会人。
他の英語学校等は女性が70〜80%、大学の入試に使う。
留学生は40人、うち男性38人、女性は2人、外へ出たがらない。
日本の日本語学校に入学してから専門学校、大学、大学院に進路を取る。アルバイト等して、小金を稼ぐのが 精一杯。
国内の教育制度が良くない。日本への出稼ぎで小金持ちになるのが精一杯。
現地のスッタフは6人、和子夫人は漢字、興八氏は会話、聴講を担当。
和子夫人は個人的に書道(フェルトの下敷、筆、墨汁、和紙、しかし文鎮は忘れる。)、お茶会(和室に掛軸を掛ける)30人を2回開きました。
着物を40枚持参して、現地人へ着付けた。
<暮らしと食べもの>
「アッサローム・アレイクム」ウズベキスタン語でこんにちは!
サマルカンドはシルクロードの東西通路とシベリアとインドを結ぶ南北通路の十字路。
抜ける様な青空の広がる下に、鮮やか青緑のトルコ石の色をしたモスクのドームが陽光を反射して輝く美しさから「青の都」とも「東方の真珠」とも呼ばれている。また、「地球上にある最も歴史の古い街」だと地元の市民は誇りにしている。
ブハラが奈良なら、サマルカンドは京都と呼ばれ、中央アジアで最大規模のオアシス都市で、中央部の公園には大きな噴水が3ヶ所もあっあった。
山は岩で緑はないが、水は豊で、ブハラには湖があって、静かで落ち着いている。
顔つきは日本人に似ていて、恥ずかしがりやで、若い人は「おしん」のテレビを見て、「良かった」、「貧しいのに堪えて」、また、アジアの経済大国、先端技術、と興味を持っている。
そして、恥ずかしそうに「こんにちは」と言ってくれる。
子供が生まれたら日本では花子?太郎?と尋ねますけど、此方では狐?狼?と尋ねる。
日本人は200人位いる。
韓国人は抑留されてから残っている。韓国製の白物(洗濯機、冷蔵庫、テレビ)が多い。
鉄道のキップはパスポートを持って、購入します。学校の職員が同行、IDカードを持っていないと、キップを売ってくれない。
買い物はタクシーで行って、人参、キャベツ、玉子、を売っている所が違う。魚は2回見た。1回目は鯰で生きていた。2回目はフライで油が強く食べられなかった。
<暮らしと食べもの>
豊富なブドウからワインを、更に地ビールもあり安い。酒は自由に飲め、蚊がいないので公園でビアホールが開かれ、賑わっており、中ジョッキが100円で手ごろでした。
名物料理「プロフ」は、炒めたご飯の上に千切りに刻んだ人参が山ほど盛り付けられます。 「シャシリク」は「カバブ」と言う串焼き肉が名。
日常の食材不足、「食の閉塞感」には、日本人には辛いものを感じます。
田舎では家畜を飼い、農作物は小麦、ジャガイモ、タマネギ、人参、キュウリの自給率は100%を誇っている。
日常生活で面白い仕種を見掛けます。食事が終った後、お碗の様な形をした両手で顔を撫でる。
<日本語学校にて>
HIS社からの日本人ツアーの見学並びに交流会を2回して、この機会に始めて多くの日本人に会ったと生徒は感激していた。
また、日本人のツアー客から、現地でボランティアをしている西村ご夫妻を見て、「こんな所で日本人が教えていると感動した」と言われた。
<日本との繋がり>
広島に原爆を落とされた8月6日の後の8日にソ連が宣戦布告して、今まで戦争行動が無かった満州帝国に攻めこんできた。敗戦後に武装解除の日本軍兵士を強制的にシベリアに連行し抑留したうちの2万数千人が、1945年から1948年にかけて当地まで送られて来た。
その時建設したナボイ劇場は 1966年のタシケント大地震でほとんどの建物が壊れても、無傷で残った。今でも、劇場の完成にかけて貢献した日本兵を讃えるプレートが飾られている。
日本を含めた西側諸国は、ソ連が崩壊した直後から この地区のにおける改革を支援してきた。日本はその中でも、経済的な発展を重視し、その為に、少なからぬ規模の援助を継続的にしてきた。
出席者
演者:西村興八氏、演者:西村和子夫人、大島洋子、大橋基光、金子浩、神崎忠男、木村康雄、小清水敏昌、近藤裕、副島一義、高橋郁子、高橋重之、田中清介、鳥橋祥子、西村智磨子、原山恵津子、平山康司、宮川清彦、山口峯生、里島安子 計20名


■第30回サテライト・サロン立川報告
―― 第4回「先輩の山の話を聞く会」 ――
開催日時 12月3日(月)午後6時30分
講師   野口いづみ
 この企画をスタートさせて、4回目で初の女性講師でした。登山教室卒業生は、圧倒的に女性会員が多いこともあり、女性の話を聞きたいとのリクエストが多数寄せられていました。受けて頂けたのが、野口支部長でした。さすが「女性は、依頼されたら断ってはいけない」を有言実行されている姿に感服致しました。
 当日は、『世界の山・日本の山・心のアルバムにページを加えて』と題し、写真を中心にお話を聞きました。
 最初に驚いたのは、支部長が双子であり、ご自身でも「どっちが自分かわからない」と仰有るほどに瓜二つ。生い立ちの写真には、可愛い女の子が二人写ってました。1年半ブラジルの学校に通った経歴にも驚きました。武蔵高校に入学し山歩きを始め、奥秩父テント縦走中に甲武信岳でたまたま埼玉県の観光宣伝映画撮影隊に登頂シーンを撮られたとの話にも驚きでしたが、写真の中の支部長は、可愛い中にボーイッシュさのある高校生でした。
 大学で少林寺部に入部したのに、いつのまにか山岳部になっていたお話も、本当に驚きの連続でした。
この頃から、かなりの健脚だったそうです。その後、忙しく国内の日帰りハイキングをしていたそうですが、40歳過ぎて海外へ。次から次へ海外の山の写真が実に見事でした。仕事しながら、これだけの山へ行くバイタリティーと経済力にも驚かされました。お忙しい中、色々工夫されていて、学会の日にちをやりくり行ったり、手術着を雨具にしたり、支部長ならではのユーモアが会場を包みました。オラウータンとのハグがあったり、水着の翌日雪山だったり、地元の人との交流あり、子供達の笑顔あり、加えて高山植物の美しさ。写真の美しさにひきこまれ、支部長の体験に感激あり笑いありで、私達は行った事ない見た事ない世界を楽しみました。
 ご自身の最高峰は、ペルーのワスカラン北峰(6655M)。支部長のお話を聞いていると簡単に行けてしまうような気になってしまうのは、なぜでしょう。
質疑応答で、高山病への対処のお話も興味深かったです。
 2000年代になり、長期のお休みがとれなくなり、国内の山(沢登り・山スキー・バリエーションルート・)へ。国内の山の素晴しさを再認識されたそうです。
登山家というのか、冒険家というのか、ドクターでした。
本当に沢山の山の表情を見せて頂きました。
 最後に「支部長にとって、山の魅力とは?」との質問に「一番苦手な質問です」と仰有ってました。
『どこの山もよかった』『日本の山は美しい』と。ご自身が病気であることも、、、『好山病』と。
会場の皆が、「私もなりつつある」「私もそうだ」と、思いを一緒にしたところで、終了しました。
参加者  29名
赤坂憲子、赤坂優貴、内村直子、岡義雄、小河今朝美、鹿嶋陽子、下野武志、神埼忠男、河野悠二、齋藤理恵子、清水茂美、杉崎敬子、数見直、諏訪久美子、竹内恭江、田中清介、富澤克禮、内藤誠之郎、仲谷朋尚、中村哲也、西村智磨子、西山さより、野口正江、濱野弘基、人見茂子、山内ひとみ、吉川三鈴、中原三佐代、山本憲一


■第46回サテライト・サロン吉祥寺報告
・日時:平成30年9月26日(水)午後6時30分
・場所:吉祥寺本町コミュニティーセンター
・演題:「会報・支部報をつくり続けて二十年」
・演者:高橋重之氏
1939年(昭和第十四己卯年)生れ、5月〜8月 日本軍がソ連と戦闘
ノモンハン事変、9月ドイツ軍がポーランドへ侵入。
1946年(昭和二十一年)、国民学校 一年生。
1962年(昭和三十七年)、日本経済新聞社に入社した。
1964年(昭和三十九年)、東京オリンピック開催を契機に福岡に転勤した。九州の山に登るようになった。背振山、九重山、霧島山、雲仙岳、由布岳・・・。会社に山岳部をつくった。屋久島/宮浦岳には1968年6月 に登った。
公正・中立、正確に書くことを教わった。固有名詞と数字を間違えてはいけない。名数確認。事実を書く。意見は書かない。重要なことから書く。同じ言葉を繰り返し使うな。文法を守れ。紋切り型になるな。
1972年3月、東京経済部に赴任。佐藤首相が官邸での記者会見で「新聞記者とは話たくない」と言い、退陣を表明した。驚いた。田中角栄が福田赳夫と争って首相に。列島改造ブーム、日中国交回復。パンダが上野にやって来た。
1975年、石油ショック、狂乱物価、ロッキード事件、田中退陣。
1994年(平成3年)、日本山岳会の会員になった。会報編集委員となり、総会・年次晩餐会を報道した。年次晩餐会は12月第一土曜日に開催される。記事は翌年1月号に掲載された。12月号に載せるよう訴えた。10日までに原稿を出す条件だった。
印象に残った通常総会は、2001年(平成13年)通常総会。役員・評議員の改選で熱くなった。評議員会が推薦した候補を否決、緊急動議を採択した。議事は3時間を超える長丁場となった。
2011年(平成23年)通常総会。公益法人を選択し定款変更した。議事は5時間30分を超えた。
東京多摩支部が2010年(平成第22庚寅年)に日本山岳会の29番目の支部として設立された。支部報「たま通信」の発行が決り、広報委員会が担当することになった。
○次のような原稿に出っくわした。なにか妙だ。
従来から利用している貸切バスが便利であります。参加者23名で欠席した1名を除いて全員が時間通りにJR立川駅北口多摩信用金庫横公園公衆便所横に集合した。そして07 :30より出発した。美濃戸口の登山口より赤岳に向かった。赤岳の頂上まで約5時間位であった。ようやく赤岳の頂上に登頂できた。楽しみにしていた今回の山行ではほぼ真 南の富士山を初め北岳、仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳はもちろん木曽駒ヶ岳、穂高岳、槍ヶ岳などがずらりと見えます。しかし今日は曇ってて全く眺望が見えなかったことは参加者は非常に残念がっていた。それから記念写真撮影をして下山した。立川にて解散。平均年齢は65才。帰りの車中で訃報に接した。享年85歳。
△「多摩百山」の編集で悪戦苦闘した。゛専門家゛ではなく、だれでも分かる言葉を選びたい。
「万六の頭の腰を巻いた」「一上一下の山稜である」「尾根の肩をからんで登った」「一本立てよう」「掻き登る」「頂上まで一投足の距離だ」「左見右見」「登りあげる」「急下降したが、道形はしっかりしていた」「ボサ漕ぎ」「下りはバリエーションルートを取った」「坪足で歩いた」「ランブリングした」「倉沢谷のマイモーズをのぞきこんだ」「閉鎖圏だった」。
◎短く分かりやすく、同じ用語を繰り返さない。
分かり易く、読みやすく書く。つじつまは合っているか、文中で矛盾したことはないか。陳腐な表現はないか。 ○文章は短く。平均50字以内に納める。漢字を使い過ぎない。
○オーバーな表現はないか。同じ言葉を乱発していないか。
○接続詞を、なるべく使わないように。句読点を適切な使う。
△山の美しさ、山登りの楽しさを伝えよう。
◇未知なものに向かって挑戦する心を忘れないように。
◇日本山岳会が山の好きな人たちの集まりであることを忘れない。
◎美しい日本語を使おう?
講演会は終了しました。
参加者
市川義輝、石塚嘉一、岡義雄、小口治、鬼村邦治、神崎忠男、河野悠二、小清水敏晶、小嶋一男、近藤裕、酒井俊太、下田俊幸、菅沼満子、副島一義、高橋郁子、高橋重之、田中清介、土井友子、辻橋朋子、富澤克禮、鳥橋祥子、夏原寿一、西村智磨子、西谷隆亘、野口いづみ、原山恵津子、平井康司、山口峯生。 28名


■第45回サテライト・サロン吉祥寺報告
・日時;平成30年5月30日(水)午後6時30分
・場所;本町コミュニティセンター 3階会議室
・演題;「持続可能な山の会を創る」
・演者;小尾 隆氏 (会員No.16107)
・講演;第45回吉祥寺サテライトサロンを始めます、との開会の挨拶に続いて、日本山岳会会員番号16107番で、山の日事業委員会に所属しております。
・武蔵野市役所の山岳部でしたが一昨年退職して新たに「むさしの山岳同好会」を結成して武蔵野市山岳連盟(略称は武岳連)に加盟しています、と自己紹介をされました。
・演題の「山の会を創る」は新たに創造しながら創る、からこの字を充てるました。
◎武岳連は昭和31年のマナスル登頂の記念する年の3月7日に地元の青年会、国鉄(吉祥寺駅員、三鷹駅員、武蔵境駅員)、商店会、の5団体で設立しました。現在は23団体、446名が加盟しています。
・組織は、理事長、副理事長、事務局(庶務、会計)、事業部、指導部、交流部、及び監事 で任期は1年間、毎年4月に新旧理事会を開催して自薦、他薦で決めます。
又、遭難対策委員会は事故発生時には二重遭難を避けるため連盟員は救助には出掛けないで、市内に対策本部を立ち上げ、現地には連絡所を造り、現地の警察・消防等に協力し情報提供をします。
・事業は武蔵野市教育委員会、武蔵野生涯学習振興事業団の野外活動センターの委託事業を受託しています。
○初心者登山教室は 昭和49年から一般市民を対象に開講、第一期修了生が「むさしの山の会」を作り、加盟しました。平成29年度までは9月から3月までの半年間の講習会の机上講座 @基礎とマナーA装備B計画書C地形図とコンパスD概念図と比高断面図、カロリー計算E食糧F天候G楽しみ方、と登山実習5回の山行では連れていって貰い、楽しく学ぶ事を目的にしています。
○登山スクールは 平成4年の山登りゼミナールから 、平成10年に野外活動センターの委託事業へ加えられ、2000m位の山を自分で計画して安全に登れる目的で、1年間毎月1回体育館の会議室で土曜日、日曜日に山行する班に分かれて、スクール生自信で計画書を作り、全員が交代してCL、SL、を担当して山行を実行します。2名の指導員が同行しますが、コースを間違えても 5分位黙っていて、その後アドバイスして修正します。
◎平成30年度からは教室とスクールの長所を纏めて、4月から3月までの1年間で、体育館での机上講習を12回、登山実習は10回の新しい 初心者登山教室を実施しております。
△スクールの修了生は 安全登山を目的に新しい山の会を創り、連盟に加盟して頂きます。
・連盟の普通指導者講習会へ有償で参加して頂き、6回の講習を受講された方には 普通指導者証を授与します。その翌年から、初心者登山教室の実習に同行して、研修生として実地で学んで頂き、次世代の初心者登山教室の指導者になります。
・普通指導者が上級指導者講習会を受講しますと 普通指導者講習会の指導者へ昇格します。
・雪山研修会で技術の向上も計れます。
☆春・秋(の)に開催する市民体育大会の登山の部では。山を安全に楽しんで頂き、山の魅力をPRする目的で、70歳までの市民を公募して、保険代金10円で安全に注意しながら山行を計画、実施しております。
・交流部は 新しく山の会を作ったが 自分達だけでは山行が不安な仲間と、昔からの山の会とが一緒に登り、色々体験談を聞いたりして、交流を図り懇親を深めて頂けます。
◎武蔵野市山岳連盟を持続させる方策。
1)新しい山の会を創る。
前記の通り、計画を立てて仲間と打ち合わせして、計画書を地域の警察署に届け出て、体調を整えて、準備体操、ゆっくり歩き、休憩では水分と行動食を補給、の安全、安心の山行を初心者登山教室で学び、体験して、新しい山の会を創り、武岳連に加盟する事が持続させる最良の方策でしょう。
2)武岳連へ加盟するメリットを教え、お知らせする。
前記の通り、
・交流部で先輩の山の会の方々と一緒に山行をして交流、親睦を図り安心、安全、に活動ができます。
・指導者講習会、雪山講習会で自分自身の技術を向上出来る。
・遭難した時、武岳連全員でご家族へ支援、対応、応援出来ます。
3)指導者を確保する。
前記の通り、指導者講習会等で自前の指導者を作り、確保できる。
4)武岳連の組織を運営していく役員、資金を確保する。
・登山活動では初心者でも、社会生活ではベテランで経験者が多くの山の会に在席されていらしゃいますので、積極的に運営へ参加して頂きます。
・資金は、日本山岳会は個人の会費が収入源ですが、武岳連は山の会が一団体3000円で23団体の会費だけです。
これだけでは連盟の活動費は不足しますので、市事業団から登山事業を受託し、担当した机上講習、登山実習の講師やの受付をされた会員の皆さんからの寄付金で運営をしています。連盟会員のご厚意からの寄付金に依っています。
▲登山界の現状分析
1)一人だけの単独山行が多い。
・一人だと山行日程、歩行と休憩の時間が自由になる。
・インターネットにより全世界の最新情報(ルート、天候、等々)が簡単に収集できる。
・装備、食糧、等が軽量化して品質が格段に向上している。
・GPS機能が充実していて、地形図が読めなくても現在地が判り不安が無い。
・登山口までの林道が整備されて、自動車で手軽に早く到着できる。
・警察、消防等の救助体制が整ってきている。
・通信可能な山域が拡がってきているので、救助要請が簡単にできる。
・都心部、近郊の山での各種講習会が安価で増えている。
・アルプス、ヒマラヤ、等々の高山へも公募で登頂できる。
・山岳保険が充実して、選択して加入できる。
2)武岳連の山の会では?
・連盟員が高齢化して、組織の運営を担う役員、山行での指導員を派遣できない理由で 連盟を退会してしまう。
・若い方々は部署の移動、転勤、中年の方々は家族の介護等で山の会を退会する。
・指導者講習会等で技術を修得した後、連盟で指導する時間があったら、自分自身の山行を優先したいので退会する。で武岳連等での団体での登山活動が減っています。
☆まとめ☆
当日に配布されたレジュメの文章を記入します。
(1)事業
@魅力ある事業:会員になりたくなるような魅力ある事業を行う。
・ガイドブックで紹介されている山々に、安心で楽しく行く事がでる。
・山行の日程も計画段階で参加者の日程を調整し、希望の日程で実施できるようにする。
・本人が遭難や事故に遭遇しても、親族や友人の要請に基づき適切に対応、支援する。
A会員の満足度:入会した会員のニーズに答える事業を行う。
・行きたい山に行けるような登山技術を身に着けられる講習の機会を作る。
・登山装備の購入相談や使用方法の指導が受けられる機会を作る。
・地形図や天気図などの読図の知識を習得できるような機会を作る。
(2)運営
@負担にならない運営:会員の負担にならないような登山団体の運営を行う。
・各種連絡、情報はインターネットやHPなどを利用して、簡単で最新の情報が入手できるよう整備する。
・会費等はなるべく安価で個人負担が高額にならないよう配慮する。
A継続性の確保:役員づくり。
・新人会員でもやる気のある会員なら、登山団体の運営に参加できる体制づくりが必要。
・登山団体の運営に参加した新人会員が次期の幹部会員へと成長していくよう育てる。
(3)指導
@指導者育成:組織内指導者。
・会員の満足度を保つために、登山技術、登山装備知識、読図の知識などの指導が出来る組織内指導者を確保していく。
A指導者確保:外部指導者。
・より高度な技術指導や講演を受ける事が出来るため外部指導者名簿などを整備し、テーマに沿った指導者にお願い出来るよう準備しておくと良い。
参加者
石鉢宗男、岡義雄、小尾隆、神崎忠男、木村康雄、小嶋一男、近藤裕、小清水敏昌、副島一義、鳥橋洋子、仲谷朋尚、西村智磨子、野口いずみ、長谷川公子、山口峯生  計15名


■第29回サテライト・サロン立川報告
―― 第3回「先輩の話を聞く会」 ――
4月5日(木)18:00開催
講師:竹中 彰
今まで支部長としての竹中さんに接する事が多かったのですが、今回は丸ごと竹中彰氏のお話しが聞けたように思いました。
1942年誕生。沼田・名古屋・大阪と移り住んだ生い立ちのお話しから始まり、高校、大学山岳部時代のお話しが中心でした。
次から次へと語られるエピソードに、引き込まれるように聞きいりました。
私は、山歴6年弱。竹中さんの学生山岳部の体験は半端なく想像を越える凄さがあり、異世界の話に興味津々でした。 高校時代→初めての北アルプスで、夜行で出かけ、睡眠不足の為、疲労困憊し足がつって、ザックを持ってもらい辛い思いをした針ノ木峠での思い出。奥穂高岳往復し涸沢テント泊した時の紅葉を目の当たりにして、山の楽しさと美しさに目覚めた思い出。アイゼンの紐をしめすぎて、凍傷になりかけたOBの思い出。etc.
ついこの前の出来事のように、楽しくお話しされていた竹中さんの姿が印象的でした。
大学時代→1960年安保条約改定年で、日本中大騒ぎ、デモに参加。親から山岳部は禁止されワンゲルに入部するも合わず、下宿の為親の目は届かないので内緒で、夏前に山岳部に入部。このあたりのお話しは、今の竹中さんからは想像できず、意外な一面でした。
夏合宿で、針ノ木岳でまた痙攣。針ノ木岳は竹中さんにとって鬼門のようです。
冬合宿でクリスマス寒波に襲われ6日間閉じ込められ、食べて寝て歌って話して時々雉ウチ。雪でテントが潰れるのを防ぐ為に交代でテントの雪を払う。
歌のありがたさを身に染みて体験し、本当の意味で、山の唄をいとおしく歌えるのではないかと思いました。
悲しい体験も沢山されていて、仲間の滑落事故やご自身の怪我。また、救助活動のお話しも生々しいものでした。
改めて、経験豊富な先輩方にご指導頂けて、幸せだなと感じました。
最後に感想文の中から抜粋紹介させて頂きます。
・青春の素晴しさを感じた。
・本格的な学生山岳部の活動を生々しい語りで聞けた。
・豊富な経験をもっと聞きたい。
・人柄にホレ直した。
・生まれ変わったら若い頃から山登りをしてみたいと思った。
(報告文/中原三佐代)
参加者
植草由利、河野悠二、川尻久美子、清水節美、岡義雄、富澤克禮、西村智磨子、吉川三鈴、清水茂美、齊藤理恵子、小口治、竹中彰、高砂寿一、松田慎一郎、鬼村邦治、野口正江、竹内恭江、富永真由美、西山さより、中村哲也、中村敦子、山内ひとみ、内藤誠之郎、石原和子、鹿島陽子、吉田敬、中原三佐代、山本憲一  計28名


■第44回サテライト・サロン吉祥寺報告
・日時;平成30年3月28日(水) 午後6時30分
・場所;吉祥寺本町コミュニティセンター 3階 会議室
・演題;「台湾の山」と「台湾の生活」
・参加者;市川義輝、大島洋子、岡義雄、鬼村邦治、小野寺斉、神崎忠男、河野悠二、小嶋一男、下田俊幸、徳永泰朗、鳥橋洋子、仲谷朋尚、中原三佐代、夏原寿一、西村智磨子、西谷隆亘、平井康司、廣田博、宮川清彦、山口嶺生、北原周子、副島一義(文責) 計22名
  ー御講演の報告書ー
・ご準備;ご持参の重いパソコンの他 プロジェクターまでもご用意頂きました。本町コミセンの古い機器では上手く働きませんでしたのでご準備頂きました素敵な写真を投影出来ませんでしたので本当に助かりました。
・ご持参の資料;台湾百名山の詳しいので厚く重たい案内書物を2冊。台湾を紹介しました 2冊(司馬遼太郎著 街道をゆくー40 台湾。蔡焜燦著 台湾人と日本精神。)
・台湾の登山地図;実際に登頂されました際にご使用されまして赤線でコースを記入されました登山案内図も沢山御準備下さいまして本当に台湾の山々が身近に感じられました!
☆ご講演の内容 ;
「台湾の山」 では△五嶽(中嶽;玉山 3952m。北嶽;南湖大山 3742m。西嶽;雪山 3886m。東嶽;秀姑巒山 3805m。南嶽;北大武山 3092m)
▲三尖(北尖;大覇尖山 3492m。中尖;中央尖山 3705m。南尖;達芬尖山 3208m。)
□五山脈(雪山山脈。中央山脈。玉山山脈。阿里山山脈。東部の山脈。)

実際に登頂されました山行の方法、困難差、又、台湾の方々の登山期間、そして高山でも樹木や石楠花等の咲いているを花を 綺麗な写真でご紹介下さいまして有難く、嬉しくて、又、訪れて 登りたくなりました!
「台湾の生活」 では 実際に7年半も駐在されて おられました事から街角の風景は 朝の公園での 太極拳、ダンス、夏至の頃の太陽の影、又、ミニのお姉ちゃんのバイクの乗り方、マーケットの品々、春節の挨拶文、等々。
普段の生活で重要な決断の時に 占い師に判断を問い合わせします。
例えば、駐在中、社員の退職時も 占い師の判断で退職を止めて留まる事が有りました。
美味しい食物 では 小籠包、フカヒレスープ、上海蟹、臭豆腐、から果物の種類と完熟している美味しさと日本と比べて安い価格、等々。
日本の統治時代に全国的に鉄道網を敷設した情緒が漂う鉄道では 集集線、平渓線、そして昨年 実際に乗車して懐かしい阿里山線、又、地震で壊れた駅舎を日本統治時代と同じ姿に復旧して賑わっている街と西側の大都市を縦断する高速鉄道は日本製の新幹線。
演者の勇者が仲良くラグビープレイしている姿、オフサイトの懇親会、90歳のラガーマン、○○惑チームの名称、等々現在もプレイ、コーチ、指導、しています事の証明できる写真。

台湾の歴史 では
1600年の関ヶ原の合戦 の頃の台湾は全国的に統治する王様は居ません。
1624年のオランダ人の上陸(南部の都市)。
1626年のスペイン人の上陸(基隆市)。
1661年のオランダ人を鄭成功氏(平戸の武士 田川氏の娘が母親)が駆逐。
から
1895年の日清戦争を勝利した下関条約からの日本が統治する。
1945年の日本帝国が全面降伏の敗戦して 中華民国独立。
1949年から大陸から逃げてきたの蒋介石氏の中華民国政府。
1987年に戒厳令を解除。
等々。

1895年から50年間の日本統治時代に貢献した業績
八田與一氏の烏山頭水庫(ダム)と16,000.kmもの長距離用水路。
早田先生の植物大系。
新井耕吉郎氏の紅茶栽培。
六氏先生のゲリラからの襲撃でのご逝去。
で ご講演は終了しました。
☆参加者からの質問では
・玉山は富士山の様に 霊山のように見られていますか?
玉山は普通の人では 見ることが出来ません。山を神様と思っていません。
・玉山以外の山の規制はあるのですか?
山岳地域の原住民の保護が主体で 入山は簡単ではありません。登山者 10人までには1人のガイドが必要です。又、玉山は平日の登山者は90人までで、外国人は24人まで。
土、日の登山者は120人までです。申込んでも返事は1週間掛かります。
・徴兵制度はありますか?
17歳以上で4ヶ月の兵役義務です。兄弟の内に誰か1人が入隊すれば 他の兄弟は行きません。
内山節氏 談話で 台湾人は日本が好き!
宗教は道教で、何でも寄せ集めて お寺に祀って居ます。
祈祷師、風水師、が生活の場で活躍しています。
演者の会社が移転した時に、街中に氏神様が居ますので、土地の神様、建物の神様、に御祈りをして頂いた。



■第43回サテライト・サロン吉祥寺報告
・日時;平成30年1月24日(水)午後6時30分〜
・演題;世界の登山家とのお付き合いとアジアの花
・演者;廣田 博 氏
・参加者;市川義輝、大島洋子、小口治、神崎忠男、北原周子、河野悠二、
小嶋一男、副島一義、辻橋明子、鳥橋祥子、夏原寿一、中村真由美、 西谷可江、
西谷隆亘、原山恵津子、平井康司、樋渡智子、三渡忠臣、山口峯生。

・講演会報告。
司会者の開会の挨拶の後、廣田博氏は開口一番「ヒロシです」・・・、「ヒロシです」・・・、と講演会は始めてですと話された方とは思えない様な新しい型で切出しました。 ホワイトボードに1)東京都山岳連盟、2)日本山岳スポーツクライミング協会、3)HAT-J(ヒマラヤンアドベンチャートラストージャパン)と書かれて日本山岳会に入会されます前の団体を説明、UIAA(国際山岳連UAAA(アジア山岳連盟)、HAT-J(UIAAの国際的に活動できる環境団体)も説明しました。 1994年6月に UIAAからHAT-Jへ インドで焼却炉を設置する調査を依頼され 廣田博氏を含む7名がインドで開催中のUIAAへ伺った時、下記5名へお会いできて写真を撮り、サインを頂きました。
注)此処からは大判の写真を見せながらの説明。
・御存知超御高名なエドモンド・ヒラリー卿です。
・モーリス・エゾロフ氏で8000m峰を世界で最初に登られた方で、指先が凍傷で無いので食事は〔写真を指しながら〕ここで持って食べます。
・インドの登山家キャプテンMSコリ氏です。
・ラインホルト・メスナー氏はインドのガンゴトリの焼却炉設置の調査へ同行して、その後も清掃登山で※燃える物はガソリンをかけて焼却し※缶は潰して麻袋へ入れてポーターに降ろしてもらい※瓶は穴を2m位掘って埋める作業をしました。焼却炉はインドでは大金持ちが居て自分達で造って貰う様に会議で報告して頂きました。
・ノルゲイ・テンジン氏の伜さんでノルブ・テンジン・ノルゲイ氏はアメリカ山岳会に居て、清掃登山には途中から参加されました。
・田部井淳子さんの30周年の思い出の写真で エベレスト街道を一緒に登りました。
・ゴマ粒に見えるのは 揚羽鶴が10,000mの高さを飛んでいる朝焼けの写真。
・エベレストをチベット側から撮った写真で、三渡さんが登ったプモリがこちら側から繋がっています。
・ずいぶん前、チョオユーは普通のフィルムの時代で撮りました。
・インドのタージマハールは1994年で、大島洋子さんが写っています。
・火山の噴火している ハワイのマウナケロに登ったときの写真。
・ずいぶん昔、神崎さんに連れられたカザフスタンのグランドキャニオンと同じように凄い河に水が流れていないので 底を歩きました。

山ばかりの写真ですと飽きてしまうので、花の写真を持って来ました。 アジアから出た事が無い人間で、アジアの色々な所で撮った写真です。
注)ここから花の写真が大量100枚位!
・ブルーポピーの白、ホワイトポピーは少ない。レッドは1ヶ月早い。
・中国ターフニャン5000mでの写真。
・アジアでは、日本ではまず見られない花が結構多い。

花を撮るのは、添乗員さんに「お腹が痛い?」と言って 脇道に逸れて撮っていました。ピークハンターではなくて花を撮るのが趣味なもので、年2〜3回行って20年近く。
・花が小さいのは風当たりが強い所。
・風によって茎が細いのはしなる、太いのは折れる。
・背の高いのは風の通らない所。
どうゆう咲き方、どうゆう成長をしたかは 見ただけで解る。 花の名前は現地で調べたり、家に帰って調べたり。 写真は触っても指紋が着かない様にカバーをして、今日は20kg位持って来ました。自宅には此れの何十倍も写真が在ります。興味の在る方だけにお贈りしています。(了)

■第42回サテライト・サロン吉祥寺報告
「鳥海山麓;写真から見た自然界の驚き」
・日時;平成29年11月29日(水)午後6時30分から
・場所;吉祥寺本町コミュニティセンター
・演題;「鳥海山麓;写真から見た自然界の驚き」
・演者;石井三男氏(建築業 兼 ブナの写真家)
司会の小清水敏昌氏が演者の「石井三男氏は建築業ですが今日はブナの写真家として山の写真を通して大自然の良さ、こんな事があるんだという驚きを講演してもらいます」との紹介に続いて演者ご自身が連れてこられた富士写真フイルム フォトギャラリー調布の湯川右一氏から調布の教室で石井さんは山岳を目指すクラスに入っていて、一気に上手くなって、セミプロ的な扱いをしています。鳥海山だけではなく北海道から関東のブナは自然に生えて、ブナと云う字は木に無と書いて、炭だけで後はない。写真を撮る時は朝と夕方だけで真ん中は無い。先生に成れる人で、私達も安心して最近はうちの生徒さんに鳥海山へ一緒に行って指導してここが良いポジションですと教えています。
石井三男氏は福島の中通りで周は山で前は田んぼ、そうゆうとこで生まれ、小学校時代はわんぱくで、中学校時代はバレーボールを3年間やった。陸上では負けたのが悔しくて、高校では陸上部に入って1年から成績が良かったので高校駅伝では4位に入った。就職は茨城の常磐炭鉱、マラソンで2時間40分、実業団の青森〜東京間駅伝では高校時代に1回、茨城県は選手層が厚かったが予選を通り25人に入った。盲腸になったので、陸上では食べていけないので 止めた。東京に兄貴が居て建築屋をやっていたので、本当は引き売りの八百屋をやりたがった、でも建築を覚えてからでもやれると言われたので。
写真をやり始めたのは35年前カメラを買って子供の運動会の写真を撮ったがピンボケで老眼だったのが ビデオは撮れた。たまたま喫茶店で写真をやる年寄が居て、その人に付いて周囲2kmのブナ林を1日掛かりで歩くのを2泊3日で行った。1日何を撮ったらいいか解らない。ブナの節、苔で太くなった所、木は捻れていない、水分が多いので木の中は無くなってしまう。変わったのが色々在って周囲の背景が凄い。 何年か経って「ちょっと覗かせて貰って良いですか?」覗いてこうゆうふうに撮るのか、真似をして1ケ月しょっちゅう行って35mmを30本〜40本、見て貰って、もっと迫力あるだろうと言われても、その時はクソと思っても 覚えてら俺の物だ! 後は一人で青森、岩手、八幡平、とかブナの有る所を幅を拡げて、今は鳥海山は春と秋ツアーを組んで 下見をしてやっている。
ここからはスライドで、鳥海山周辺の中島台・獅子ケ鼻、抜川、等の雨や霧の日のブナは黒い、晴れた日のブナは白い、ブナ以外の4年に1回のれんげつつじ、水芭蕉、モリアオカエル、湧水と水の流れ、太陽光、海水浴場の夕陽、熊が木の上に、等々 42枚を観賞しました。
以上。
出席者:市川義輝、岡義雄、北原周子、木村康雄、小清水敏昌、小清水美千子、副島一義、鳥橋祥子、西谷可江、西谷隆亘、原山恵津子、松本恒廣、宮川清彦、山口峯生、湯川右一。(計15名)


■第28回サテライト・サロン立川報告
―― 第2回「先輩の山の話を聞く会」 ”山の高さ” ――
開催日 11月22日(水)18:30〜
講師  宮崎紘一
今回は、登山教室で私達のザックも靴ヒモも歩き方も、よ〜く見てくれて、的確にアドバイスを頂ける宮崎さんにお願いしました。
宮崎さんの山を始めるきっかけとなったお話からのスタートでした。高校の校庭に張ってあったテントが、映画の中で見たマナスルのテントに見えたとの事。この一瞬にして、ひとりの青年が山の世界に引き込まれたのかな〜と。最初からグッと宮崎さんワールドに包まれました。
大学山岳部の仲間が探検部を発足し誘われ、未踏の山へ高い山への挑戦が始まったそうです。
本題の「山の高さ」のお話は、測量のお仕事をされてたそうで、専門家ならではの詳しいお話で、少々難しく感じられる所もありましたが、子供向けの資料もあり、解りやすく説明して頂きました。
富士山の高さは3776m。皆が知ってるし、昔からそういうものだと思っていました。しかし、1727年に測量された時は3895m。その後何回も測量が繰り返され4322mの時もあれば、3475mの時もありました。時代により測量方法も異なり、測量方法の具体的なお話もあり、昔の人達の苦労や努力に頭が下がる思いでした。高さを確定するのは、一難事業、とても困難な事とのお話が納得できました。
山の高さは、東京湾の平均海面を0mとして、そこからの高さで測量するのですが、その平均海面をどのように決めたのかという事も、山の高さは、三角点や標高点の標高値・等高線数値等が用いられてきたけど、必ずしも最高地点の値とはいえないという事も、三角点は山にしかないと思っていたけど、全国に約10万点ある事や三角測量の方法も、水準点は全国に約2万点ありその役目等々、よく解りました。
参加された方々の感想では、三角点に興味が持てたという声が最も多かったです。山でも道路でも三角点や水準点を探してみたいと新たな楽しみを持たれたようです。山岳地図の見え方も違うものになるとの意見もありました。先人の努力が重なるのでしょう。
当たり前に決まっていると思っていた「山の高さ」特別気にもかけていませんでしたが、「どうなっているんだろう」と疑問を持ち切り込んでいく事で、こんなに奥が深い世界があるんだなと感じました。
「高さを理解すると、登っていても楽しい」まだまだわかりませんが、身を持って体験できる日がくるのが、楽しみです。
(文/中原三佐代)
参加者
岡義雄、山本憲一、中原三佐代、河野悠二、竹内恭江、植草由利、宮崎紘一、小山幸勇、吉川三鈴、斎藤理恵子、西村智磨子、中村哲也、清水茂美、菊池美奈子、寺井成世、中村敦子、西山さより、富永真由美、鹿島陽子、玉井明子、安田令、内藤誠之郎、矢澤大史、濱野弘基、青木義仁 計25名


■第41回サテライト・サロン吉祥寺報告
「あすか基地の初越冬は風との闘いの日々だった」
9月27日(水)
 いつも山を中心とした話でサロンは行っているが、今回(9月27日)は南極に3度も観測に行った方にお願いし南極大陸での様々な興味深い話を伺った。演者は渋谷和雄氏(国立極地研究所名誉教授)。1986年に第28次あすか越冬隊(8名)の一員として参加した時の話で、タイトルは「あすか基地の初越冬は風との闘いの日々であった」。当日は配布したレジュメのほかに南極大陸の気候図や地図、あすか基地周辺調査の記録などの資料を基にして分かり易い話だった。また、圧巻だったのはDVDの上映で、あすか基地の内部や周辺の様子、奥地の観測調査などが見られ、猛烈な風が吹く中での観測や設営などが手に取るように分かった。しかも時折DVDを止めてその場の状況について解説をする方法だったのでより一層、臨場感のある雰囲気だった。このDVDは当時の関係者は余り見ていないとのこと。
 あすか基地の観測棟建設の工事を1986年12月から取り掛かり、完成後の翌年2月から観測を開始し12月に次の観測隊と交代するまで10か月間、観測を続けた。天候の目視観測ではブリザードの日でも国際的に12時、24時となっているが、24時では暗いので時間を少しずらして観測し昭和基地に送り、ローソン基地経由でパリのデーターセンターに送られそこから全世界へ発信された。あすか基地はドロニング・モード・ランドの高地に位置し標高は約1,000m。南側に標高約3,000mの氷原があるので約2,000mの高度差を「カタバ風」が吹き下りる気象条件下にある。一方、昭和基地は標高が約30mで沿岸弱風帯にあるので年平均気温−10℃、年平均風速は〜6m/sで穏やかである。あすか基地での5年間の越冬観測データによると年平均気温は−18℃、年平均風速は〜13m/sで昭和基地と比べ常時強い風と気温が低いことが判ったという。昭和基地からの飛行機の様子が映ったが、天気の良い日のみ飛来し来るときは2時間半位、帰りは風の影響で4時間位かかった。氷の厚さは飛行機からの電波を利用して測定。航空磁場観測では飛行機本体から長いケーブルの先に測定器を取り付け吹き流しのような状態の画像。積雪量は何もない氷原では数十センチ程度であるが、雪が降るとブリザードによって大量に運ばれてきて基地の建物が吹き溜まりとなって5mの高さまで埋もれてしまう。現在のあすか基地は息抜きパイプだけを出してあとは全部雪の中に埋まっているが、永い時間をかけると氷原から出てくる。昭和基地で雪上車が氷の下に落ちたが30年経って崖からできたことがあったという。渋谷氏も隊員のなかに童顔の表情で映っており青春時代の一コマ。
昭和基地は海に近いところにあるが、大陸の奥に少し入った東側のところに2番目の「みずほ基地」。3番目が今回の「あすか基地」で西側にある。しかし、あすか基地は観測を開始して5年後には閉鎖された。渋谷氏は1979年第21次観測隊で昭和基地越冬、1997年第39次観測隊では昭和基地での越冬隊長兼観測隊長だった。今回は非会員(渋谷氏も)の出席が目立ったことから、会員外でも興味のあるテーマだったと思われた。平成23年11月(第12回)の中村純二氏による「宗谷時代の南極観測」の講演以来の南極の話であった。終了後の懇親会には出席者のほとんどが参加し演者を囲んで和やかに話をしていた。(文/副島一義)
参加者:渋谷和雄 市川義輝 岡義雄 鬼丸邦治 小野寺斉 金子浩 神崎忠男 小清水敏昌 下田俊幸 副島一義 田村俊介 鳥橋祥子 中原三佐代 夏原寿一 西村智麿子 西谷隆亘 西谷可江 原山恵津子 松本恒廣 三渡忠臣 宮川清彦 山口峯生(非会員:石井三男 小清水美千子 原田隆子
 (計25名)


■第27回サテライト・サロン立川報告
第1回「先輩の山の話を聞く会」
ccc 7月10日(月) 18:30〜20:30
登山教室でお世話になった先輩方のお話を聞きたいとの強い思いだけで企画したものの、とても不安でしたが、多くの参加者を迎え、岡さんの魅力溢れる会でした。 8頁に渡る資料の準備と当日沢山の本とアルバムと手帳etc.(とても重かったです)を持参して頂き、それだけで私達に伝えようと思って下さった熱いお気持ちを感じました。
資料は、山登りを始めた1952年から現在に至るまでの山、日付、目的(100名山、海外登山、自然保護etc.)が記載されていて、誰もが目を見張るものでした。この記録の素晴しさに脱帽の思いや記録の大切さを痛感し、これを機会に記録をしっかり残したいという意見が多かったです。また、ご自身の年齢ごとに黎明期・最盛期・衰退期・忘却期・蘇生期・老春期@Aと分けられていました。かのネーミングがいかにも岡さんらしいなと感じました。
65年間の山経験を積んで、感じた事を総括としてお話ししてくれました。
☆登山に必要な要素@体力A技術力B判断力
☆目標を持った山登りを心がけよう→
     「少し背伸びすれば可能になるレベル」をターゲットに。
☆仲間を大切にしよう
一言一言がとても響きました。心の中で「岡さん、しかと受け止めました」と叫んでました。
もっともっと山の事知りたい、もっともっと山に登りたいと思っている私達にとって、このようなお話しを聞ける事は、とても貴重です。
最後にヨーロッパアルプス・ヒマラヤの映像を見せて頂きました。“いつか行ってみたいと思った”“海外の山が身近に感じた”との意見を頂きました。
人との出会いで刺激を受け、自分を成長させてもらえる。人との出会いが財産だなぁと。そんな事を感じながら、岡さんとの出会いに感謝した時間でした。
(文責/中原三佐代)
出席者: 岡義雄、神崎忠男、田中清介、小口治、富澤克禮、酒井俊太、
山本憲一、西村智磨子、野口正江、富永真由美、川尻久美子、小河今朝美、
西山さより、清水節美、吉川三鈴、土橋奈緒美、鹿島陽子、竹内恭江、植草由利、
内藤誠之郎、吉岡礼子、内村直子、三ッ井祐子、斎藤真子、山内ひとみ、安田令
(計26名)


■第40回サテライト・サロン吉祥寺報告
秦和寿会員が「山で虫の被害をふせぐ」を話す
5月17日(水)
 5月17日(水)午後6時30分から、秦和寿会員を講師に「山で虫の被害をふせぐ」と題して話していただいた。秦会員は明治大学卒。東京大学医科学研究所に進み、東京都衛生局で長く害虫に対する行政に携わってこられた。真夏の日本は、平均気温が26.7℃にもなる。熱帯のフィリピンと全く同じ。したがって、日本にも実に多くの害虫がいるそうだ。ハチ、アブ、蚊、ヒル、ツツガ虫、ダニ、毒蛇…。それらが登山者を悩ませている。夏山シーズンを前に、貴重な話をうかがった。最初に、一匹のゴキブリが引き起こしたある出来事。2014年、群馬県にある食品会社が製造販売しているインスタント食品「焼きそば」にゴキブリが入っていたというので大騒ぎとなった。工場を閉鎖、十数億円掛けて工場を改修した。ゴキブリ一匹で大騒ぎする潔癖な国民性だ。フランスのワインにショウジョウハエが入っていることは常識!。どう思いますか。

ぜひ知っておきたい害虫と対応策
 ■マダニ/噛まれたら、お腹側の気門にワセリンを塗る。窒息するのでマダニが自ら離れるのを期待する。無理に取ると口器(口下片)が皮膚内に残り結節となる。人間の柔らかいところ(首、腋の下、腹、背中、陰部等)を刺す。「明治きず軟膏」を準備する。ポピドンヨードが入っている。ワセリン、エタノール、ベンジン等も。予防法としては、合成繊維の長袖、長ズボン、スパッツを装着する。ウールの羽毛はダメ!藍染木綿の手拭で皮膚を覆う。防虫布虫除けスプレーなど。感染症には、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)、日本紅斑熱、LYME(ライム病)など。ダニに刺されると恙虫病を媒介する。
 ■蚋(ブヨ、ブユ)/山間部で最も被害が著しい虫で刺されたら、その部分を噛んで、その血をなめる。都会人は皮膚が腫れ苦しむ。ムヒα(抗ヒスタミン+ステロイドの軟膏)等を塗る。予防法は@藍染木綿製など防虫手拭A植物由来(柑橘類やハッカ類)を塗るBデイート(1946年米軍が開発マラリヤの予防)Cイカリジン(バイエル薬品が開発、2016年国内市販)など。
 ■ヒトスジシマカ/刺されると、デング熱、ジカ熱、を媒介する。海外ではマラリア等を媒介する動物が多数生息している■蛭(ヒル)/塩水、塩は効果がない■スズメバチ類/黄色、大型、小型。針には返しがある。*注意点/洗濯で柔軟剤を使った衣服に寄って来る。刺されたら、ポイズンリムーバーで蜂毒を吸い出す。水で洗って冷やす。アルコール洗浄は吸着するので不可。ムヒα等のステロイドを塗る■黒スズメバチ(小さい、土の中に巣、ザザ虫を食べる)/刺されたら、自己で注射(へぺリン)する。森林作業で毎年20〜30人死亡している■ツツガ虫/刺し口が真っ黒。発熱、発疹する■毒峨■その他、蚊、蜘蛛■まむし(眼の瞳が縦向き)/噛まれたら、体を冷やさない方がよい。腎臓がやられる。早期に血清で治療する■青大将(眼の瞳は点)■ヤマカガシ/噛まれると、奥歯から毒を出す。

いまでも役に立つ昔の防虫法。(江戸時代⇒現在)
医薬。燻し。紙帳(シチョウ=紙糸)。菖蒲。ヨモギ、わら、みかんの皮。
 
 話の途中、秦講師が採取された害虫の実物標本を回覧して拝見した。ハチが数種、大きなのに「刺されたら、さぞ痛いだろうな」と思い、小さなブユやダニに驚いた。マダニは3mmくらいだった。噛まれてもみつけるのに一苦労 ?
(文責/副島一義)
出席者: 金子浩、北原周子、小清水敏昌、小嶋和男、副島一義、高橋郁子、
高橋重之、徳永泰朗、中原三佐代、西谷可江、西谷隆亘、長谷川公子、
原山恵津子、松本悦弘、宮川清彦、三渡忠臣、山口峰生、吉川三鈴、吉田敬
(計19名)


■第74回サテライト・サロン町田報告
岡義雄講演「おくのほそ道C庄内地方」/車座会
5月23日(火)
 芭蕉の世界に興味を持ちつつ、いたずらに日は過ぎてしまっていたので、今回、良い機会が得られた。 岡講師の膨大な資料に圧倒されるところから、車座会は始まった。まず、山やさんらしく庄内地方の位置確認に始まり、芭蕉の年譜、行程図の紹介で、深川から大垣までの142日1,963qという行程に驚く。 芭蕉と岡さんの行程の対比表を見せて頂き、「実際に歩かなければ、知りえない、理解しえない」との岡さんの言葉に歩かれた方だからこその重みを感じた。 羽黒山周辺は車道もあるが、歩くとなお一層奥深いであろう史跡「南谷別院跡」も訪れたい地となった。
 岡氏がおくのほそ道に関する私のバイブルと言われている金森敦子著 芭蕉「おくのほそ道」の旅 は、文頭から強く心惹かれる文章が続く。「芭蕉の数々の謎」や芭蕉が旅した時代背景など、興味は尽きない。金森敦子氏は、1946年新潟生まれの歴史家であり、奥のほそ道関係他近代の人物伝など多くの著書を表している。芭蕉と5才年下の曾良との旅の様子は、曾良が几帳面に書き記した旅日記で知る事が出来る。
 私にとって芭蕉の世界は、まだ入口に立っただけである。しかし、遅すぎるという事はないと思う。岡氏のお陰で芭蕉の世界に出会えたことに感謝したい。アマゾンさん、宅急便さんのお陰で、奥のほそ道参考文献として岡さんが教えてくださった数々の本が、明日にも届くのをワクワクして待っています。                  (文/植木淑美)
参加者: 岡義雄、竹中彰、石原康生、鎌田正彦、高橋善数、植木信久、
丸山さかえ、桐山裕子、片野スミ子、植草由利、小河今朝美、吉川三鈴、植木淑美
(計13名)


■第73回サテライト・サロン町田報告
神津島・天 上 山(571m)
5月12日-14日(金-日)
 町田サロンは8周年を迎えました。今回、海を渡り神津島の天上山を巡り歩きます。標高571mの天上山は不思議な山で、10年前に歩いた印象では、遠くに見えても近く、断崖絶壁、岩場あり砂漠もあり、四季折々様々な花や植物が咲き乱れ、狭い空間にあらゆる自然がいっぱい詰まっているかのようでした。島の観光スポットは「天上山と青い海」でしょうか。どうか天気に恵まれますようにと祈る気持ちで計画しました。

 12日 参加者8名、竹芝客船ターミナルに集合、8:45発高速ジェット船に乗り込み一路神津島を目指します。定員245名、ほぼ満席。最大速力80kmのジェットは飛沫をあげて快晴の大海原を疾走する。途中、大島、利島、新島、式根島へ寄港、釣りやダイビングの用具を抱えた若者達が次々と下船する。わざわざ海を渡り山へ登るなんて酔狂な。すっかり空いた船中で昼食をすます。
 入港は気象状況により神津島港から島東岸の多幸湾三浦漁港に変更され12:30着。手際よく宿の車が出迎え、一先ず「民宿・中政」へ。多幸湾は村の中心部から可成り離れており宿の車で助かります。民宿・中政は沢尻湾に面した高台に在り、仲々の外観で先代当時は旅館として賑わっていたとのこと。今は少し侘しい感じがする。貸し切りの状態で部屋割りも楽々。小休止の後、島の北西部にある赤崎遊歩道「潮風の道」を目指し海岸線を散策することにした。
 ここは東京都神津島村、車は品川ナンバーで私の多摩ナンバーより垢抜けした感じ。村発行の観光便覧によれば一村一集落で人口約2000人、約850世帯、小、中、高校各一校、タクシー4台、村営バス一律200円で幹線道路を1日4往復、村内交通は徒歩が一番とのこと。私達も心地よい潮風に吹かれ彼方此方と見所を寄り道しながらひたすら歩く。途中で村営バスに乗り込む。運転するのがタクシー会社と掛け持ちと解り、これ幸いと明朝6時、登山口まで車を予約し、これで一安心。15:00〈赤崎歩道〉。全長500mの全木造遊歩道が入江を囲むように設置され、吊橋や展望台、飛び込み台など海水浴やシュノーケリングに最適のスポットだ。さぞかし夏には賑わっていることだろう。真っ青な海、輝く太陽そして緑豊かな山、素晴らしい眺めに癒やされる。潮風を堪能し来た道を引き返して村営の神津島温泉保養センターへ。ゆったりと汗を流し18:00頃宿へ帰る。約4時間の散策だった。夕食は期待していた活魚料理とは程遠いものだった。往時の旅館当時と違い今では家族で賄う季節営業らしい。料理はともかくお酒も廻り山仲間の語らいは楽しいものです。明日は天気予報も良くないので朝食はおにぎり弁当とし、6:00出発とする。

 13日 予報通り今にも降り出しそうな空模様。宿が用意した朝食おにぎりをザックに雨具着用、5:50予約した車に乗り込む。天上山に詳しい車のオヤジさんから“10時頃から本降りになる。天上山の主要スポットを選び本降りになる前に下山を”とアドバイスを受ける。白島登山道をひた走り6:10〈白島登山口〉着。早速おにぎり朝食を済まし6:20歩きだす。登山道は良く整備されているが遮るものがなく、高度を上げるにつれて風が強い。10合目を経て6:50〈不入ガ沢〉。昔の火口跡で右側は断崖 絶壁、荒々しい岩肌と眼下に港と村落が一望出来る。
 風に煽られながら7:05最高地点〈天上山山頂〉に立つ。風は強いが周りは明るく急ぎキネパチを撮り不動池へと急ぐ。岩のごろごろした砂地の道で小さな岩山の間から表砂漠を覗き見る。やがて鳥居が見え7:25〈不動池〉。天上山最大の池で、池の中洲には草に埋もれた祠があり龍神が祀られている。一面に生える苔が美しい、池水は涸れていた。静寂を味わい暫し憩う。近くに大展望スポット〈天空の丘〉があるが視界不良の為カットする。7:44〈東京百景展望地〉。説明板には「伊豆諸の島々と房総半島を眺めることが出来る」とあるが霧のため何も見えず説明板の写真で見えたことにする。
 これより本命の裏砂漠へと向かう。だんだん霧が濃くなってきた。周りは白い砂地の世界、霧が強まる中を注意しながら裏砂漠の中心地へと進む。天上山では標識が整備されているので迷う心配はない。8:17〈裏砂漠の中心地〉解説板には「オオシマツツジと白砂、空と海のコントラストが美しい場所。強烈な風雨によってできた広大な砂漠景観は一瞬山の上にいることを忘れてしまうような感覚を楽しむことができる。ここで降った雨は逃げ場を失い全て台地に飲み込まれ、やがて伏流水として島人に数百年の豊かな飲水を保証してきた」とある。霧の中、周りを見渡すが何も見えない。諦めかけたその時、突然霧が晴れ一瞬青空が覗く、ラッキーだ。まるで異次元の地表を思はせる周りの風景に思わず歓声が上がる。これぞ天上山の景観の魅力か。しばし言葉もなく周りの景色に見入ってしまう。これより天上山の山並みや砂漠の感触を味わいながら広々とした草原を経て8:50〈オロシャの石塁〉。徳川末期に海上防衛のため造られた石塁跡、最後の眺望を楽しむ。それにしても、天気さえ良ければ天上山の魅力は如何ばかりかと改めて痛感する。
 まだ明るい、今のうちに下ろう、本降りの雨が心配だ。9:10黒島山頂十合目より登山口へと急坂を下る。視界は明るく、下るにつれて港と村の中心部がぐんぐん迫って見える。9:41〈黒島登山口〉へ無事到着。「花の百名山天上山」とあるが花を愛でるのもお天気次第、残念でした。山中、歩いていたのは私達だけだった。
 9:50突然土砂降りの雨が降り出した。急いで近くの休憩小屋に逃げ込み一息つく。雨は激しく降り続け舗装の坂道を流れ下る。山中でこの雨に会わず本当にラッキーだった。オヤジさんのアドバイスに感謝です。村には食事処が少なく雨の中を港へと急ぐ。整備された神津島港の食堂で選んだ金目鯛の煮魚定食は実に美味かった。皆さん大満足です。この雨では観光もままならず、タクシーで宿へ帰る。宿では女将さんが心配顔、この雨の中よくぞ登り終え無事帰ってきたと、本気で喜んでくれる。用意されたお風呂の心地よさ、疲れがすっかり癒される。雨は降り続き部屋でごろごろと時間を過す。夕食は昨夜と変わって豪華です。各種活魚刺し身の大盛り、料理の品数も多い感じ、おかげで話題も盛り上がる。今回、天上山は当初計画の3割程しか歩けなく、青い海と360度の展望、お花畑も全く期待叶わず実に残念でした。お天気ばかりはどうにもなりません。宴の終盤にサプライズがあった。83歳の女将が島の民謡を披露すると言う。小太鼓打ちつつ伝統の島唄を唄う姿には、若かりし娘時代を偲ばせます。きっと唄い続けてきたのでしょう。素直に聞き惚れました。

 14日 皮肉にも快晴だ。復路は大型客船、多幸湾から出港とのこと。女将に笑顔で見送られ宿の車で三浦漁港に送って貰う。10:30出港、ゆっくりと神津島を離れ一路横浜港へと向かう。乗船客も少なく、のんびりと船旅を楽しむ。ちなみに高速ジェット船と大型客船2等座席との比較では船賃が1.6倍、所要時間で半分、やはりTime is money でしょうか。18:00横浜港着。解散。”お疲れ様でした”          (文/高芝一民)
参加者: 高芝一民、薮田益資、鎌田正彦、植木信久、丸山さかえ、森 静子、
松川信子、植木淑美(計8名)


■第72回サテライト・サロン町田報告
「鳴虫山と日本山岳会のルーツに出会う山旅」
4月25日(土)
 「鳴虫山」というネーミングはずっと前から気になっていました。その名前に惹かれていつかは登ってみたい日光あたりの山という認識でしたが、アカヤシオの最盛期を捉えてのこの山行企画は、さらに魅力に感じ参加させていただきました。
 登山口は東武日光駅から住宅街の中をしばらく歩いた所にあり、アクセスは抜群!案内版には急登のマークがたくさんありましたが、それほどの急登でもない道をひと登りすれば、第一のピーク神の主山に到着。そこを過ぎたあたりから、木々の間にチラホラとピンク色をした花が顔をのぞかせ始めました。名前は「アカヤシオ」ですが、色は「アカ」ではなく「優しいひかえめなピンク色」です。予想外なことに足元にはあちらこちらにたくさんのカタクリの花もお出迎えしてくれ、とても嬉しい気分になりました。
 この山の名前の由来と関係があるやなしや、この日は穏やかな天気であるにも関わらず、稜線上でとても暑く感じたと思えば急に震える程の冷たい風が吹き付け、少し他の山とは異なる気象現象がある様に感じました。標高は1104mとそれ程高くはないですが、この山に雲がかかると雨になることが多いためつけられた名前だそうです。
事前の地形図読みでも覚悟はしてきましたが、これでもかという程ピークのある山なので、何度も小さい登り下りを繰り返し、最後に見事なまでの根っこ道を登りつめ、やっと山頂にたどりつけました。山頂からは雄大な男体山を始めとして、女峰他日光連山の山々、新緑に燃える木々の芽、アカヤシオ等の花々が目も心も癒してくれました。
 下りは登りよりも急で、ロープが所々に掛けられている山道でしたが、概ね歩き易い道でミツマタの咲き誇る快適な林を抜けると、古来、不動明王出現の霊地とされる憾満が淵に到着。ほぼ予定通りの行程でバスに乗ることができました。
 その日は、オプションで中禅寺湖畔の温泉旅館に投宿、イタリアと英国の旧大使館別荘見学、そして美しく塗替えられた日光東照宮を拝観しました。中でも特筆すべきは、英国大使館別荘です。この建物は明治29年に英国の外交官アーネスト・サトウ氏が個人別荘として建て、後に英国大使館別荘とした建物の復元です。建物の素晴らしさもさることながら、何と、このアーネストさんの次男は武田久吉氏で、日本山岳会の紋章をデザインしたその人でありました。展示の中に見慣れたJACの紋章を見つけた時、職員の方が、私たちの帽子のマークを見つけて、驚きの声をあげられました。昨年10月の開館以来、日本山岳会の会員の来訪は、初めてだそうです。武田久吉氏は、JAC設立発起人7名の内のおひとりで、六代目会長ですから、参加者全員が思わぬ出会いに、本当にここに立ち寄って良かったと感激しました。貴重な山岳関係の書籍がたくさん展示され、日光杉をふんだんに使われた芳しい香りの館ですので、日光を訪れた折は、是非この別荘にも立ち寄られるよう、お勧めいたします。                          (文/吉川 三鈴)
参加者:丸山さかえ、森静子、桐山裕子、藪田益資、吉川三鈴、植木信久、    植木淑美(計7名)


■第70回サテライト・サロン町田報告
花シリーズ/熱海 玄岳
3月25日(土)
 千葉、神奈川、東京など各地から集まった面々が熱海駅に集合。小田急線の車窓からは、富士山の雄姿がくっきりと見られたが、春霞のこの季節、果たして昼まで澄んでいてくれるのか案じられた。バスを降りると、ヒメオドリコソウ、ミツマタ、タチツボスミレなどを愛でながら住宅街の急坂を登る。山道に入り、オニシバリやホンツゲ、コウヤボウキの見られる山道を行き、熱海新道の陸橋を渡って才槌の洞へ到着。何人かで探せども「洞」らしきものは見当たらない。いくつかの大岩があり、石組も見える。右に左に馬酔木の可愛らしい白い花が見られるようになり、展望が開けてきた。眼下には、初島、熱海温泉の街並みが広がっていた。池見学を帰りの楽しみに残して、氷ガ池への道を分け玄岳への笹原を登る。標高799.2mの二等三角点のある山頂で昼食。幹事の手前味噌の豚汁で車座になる。たったの一椀で温まる。やっぱり。。。。富士山は、雲の中に。想像力を豊かにしても見えない。残念。下山開始。気を取り直して氷ガ池を見物すべく、何本も縦にロープの張られた滑りやすい道を急降下。伊豆スカイラインの脇には大きな氷ガ池が青くひっそりと佇んでいた。まだまだ、はるかに遠い。ここで戦意喪失、戻ることに賛成多数。下った分だけ登る辛さを吹っ切るように、エイッとばかりに一気に登り返す。下りは早い。アッという間にバス停に到着。何やらほのかに油の良い香りがする。すかさず、揚げ蒲鉾の製造会社を訪れ、今夜の「アテ」を調達した。
平均年齢を下げてくださったお嬢様たちに感謝して帰路に就いた。華やいだ山行であった。
参加者:藪田益資、土橋奈緒美、桐山裕子、小河今朝美、吉川三鈴、植木信久、   清水節美、丸山さかえ、斉藤弘美、岡義雄、石原和子、植木淑美(計12名)


■第39回サテライト・サロン吉祥寺報告
3月15日(水)、午後6時半から標記のサロンが始まった。演者は日本山岳会の元副会長で現在評議員の宮崎紘一氏。「武蔵野市から始まった山登り」と題し、高校・大学など山岳部活動の写真をスライドにした1時間余の講演。山登りを始めた原点は高校時代の山岳部活動で、1956年5月新人歓迎会で乾徳山に登った。当時の都立武蔵高校は隔週土曜が休校になっており、山登りの楽しさを覚えた時期で好都合であったと。南アルプスの夏合宿や北アルプスを巡っての山岳部活動を通して、先輩に技術面を教えて貰ったことが非常に役立った。東京農大に入学すると直ぐに山岳部に入部し、富士山の新人歓迎会に参加した。雪上訓練や山の上から麓まで駆け下りるなど厳しい「歓迎」だった。夏山や冬山などの山行では時に40日もの間山に入っていたこともあった。大学での山岳部では先輩たちとの繋がりがとても強く、登山のことも含めていろいろな事を教えてもらった。今から思うと大変ありがたかったなと思う。そうした経験から我々も後輩たちを育てていくサイクルが無いと組織は続かないと述べた。その頃、山での遭難が多く、部員の減少や大学当局の締め付けなどが目立つようになった。その一方でOBを中心とした海外の登山計画があり1963年ヒマラヤに行った。その後、先輩の誘いで日本山岳会に入会した。また、50歳頃に母校農大の山岳部監督に就任したこともあった。今はOB会の会長を務めているが入ってくる部員が非常に少ないので何とかしたいと思っている由。
 もともと登山には危険を伴うが、山の自然に接してその良さを感じ、困難にチャレンジする精神的なことも大切であると述べた。宮崎氏は多摩支部の各種の登山教室で多くの参加者を対象に技術的指導などをしている。山岳会活動を続けるためには先輩が後輩の面倒をみて育てて行くことが重要であると強調し講演を終えた。講演後の懇親会には出席者の多くが参加し山のことや山岳会などについて大いに語り合った。
なお、阿佐ヶ谷駅近くのミニシアターで4月から上映される3人のクライマーがヒマラヤの山に挑む山岳映画「MERU/メルー」のパンフレットを配布した。
(文/小清水敏昌)
出席者:宮崎紘一 岡義雄 鬼村邦治 小野勝昭 金子浩 北原周子 木村康雄 河野悠二 小嶋一男 小清水敏昌 副島一義 鳥橋祥子 中原三佐代 中村哲也 夏原寿一 西村智磨子 西谷隆亘 原山恵津子 松本悦廣 宮川清彦 三渡忠臣 山口峯生(計22名)


■第38回 サテライト・サロン吉祥寺報告
 年が改まった1月18日午後6時半から本町コミセンで「日本山岳会と図書」
のテーマで近藤雅幸氏による講演を行った。もともと近藤氏は日本山岳会の図書委員であることから、図書室の蔵書類の紹介や利用する方法など図書室全体についての話をした。氏の日本山岳会の入会の動機は山の本が読みたくて希望したが、このような理由ではなかなか認められなかった由。ロッジ山旅のご主人が推薦してくれてやっと入会できたと苦笑しながらその経緯を披露した。図書室の今の蔵書は雑誌を含め約3万冊。ところが利用する人は平成28年でわずか271人のみ。会員の紹介があれば外部の人でも利用することができる。利用する場合は、カバンや飲食物を図書室には持ち込まない。入室時には必ず記名帳に記入し、本を大切にするためのマナーを守る必要があると強調した。山と本の関係を考えると、山登りがあって本がある、本があって山登りをする。山岳会の黎明期には必ず登山した記録等を残し、後世の人達はこれらを参考にしていた。図書室の歴史ついては、昭和4年に当時の松方三郎らが虎ノ門に図書室と集会室を造った。しかし昭和20年5月の東京大空襲ですべてが灰燼に。昭和24年にお茶の水にルームができ図書室もやっと再建されたが、蔵書が増える毎に引っ越しの繰り返し。昭和52年から現在の地に落ち着いている。本の入手方法については、年間の図書予算が2万円程度のため寄贈書に頼っている。纏まっている書籍類は「文庫」として蔵書しているという。例えば、神谷文庫、山崎文庫(473冊)、望月文庫(290冊)、磯野文庫(明治屋創業者)などがある。これらの中には非常に貴重な本も含まれているので利用価値が高い。本に関するエベントとして、年始晩さん会のときに「図書交換会」を開いているが、もともとは昭和10年に山岳会創立30周年記念図書博覧会から始まったもので昭和35年にはヒマラヤ文献展覧会が丸善を中心にして行われた、昭和37年深田久弥氏の「この一本展」という会員からの自慢の図書を出品する会。その後、深田久弥氏が図書委員長のときに「図書交換会」を始めたものの中断に追い込まれ平成19年から再度行われるようになり現在に至っている。
最近、若い人が図書関係に加わり山の本に関心を持つようになった。山の貴重な本があるのだから利用すべきだ。熱い心がないと出来ない無償の仕事であるとして講演を終えた。講演後の打ち上げで、近藤氏が豪快に飲んでいるので昔の「山家」を見ている感じがした。山の図書から多くのことを学んだ者として、もっと山の本に会員が関心をもち、せっかくの「お宝」をもっと利用してほしいと強く思った。                (文責:原山恵津子)
出席者:近藤雅幸 小嶋一男 小清水敏昌 金子浩 下田俊幸 副島一義
田村俊介 原山恵津子 三渡忠臣 宮川清彦 山口峯生 横山厚夫 横山康子    吉田敬(計14名)


■第68回サテライト・サロン町田 新年会「南房総の水仙」報告
「安房の国は、頼朝ゆかりの地だった」
(皆川 靱一)
新春早々からの天気予報では、新年会当日の1月14日周辺は大寒波が来るとの予報が大外れの、暖かくて気分のいい小春日和。内房線保田駅での待ち合わせ時間は午前10時だったが、横須賀線の人身事故で影響を受けた参加者のうち1人が遅刻することが分かった。しかし、途中の乗換駅での混雑などを想像して、遅れはかなり長くなるのではと覚悟をしていた。それが携帯メールのやり取りでそれ程長く待たなくてもいいことが判明、しばらくして列車が到着。ホームに降りて「すみませ〜ん、遅れてしまって」の声に、「平気よ、貴女の責任じゃないのだから」と待っていた仲間が拍手で出迎える。総勢8人、全員集合だ。いつも、仲の良い町田サロンらしい、気持ちの良い情景である。
列車到着までの間に、リーダーの植木ご夫妻の判断で急きょコース変更を決め、水仙を楽しみながら照葉樹の稜線を上る、ひときわ高い嵯峨山登山を諦め、タクシーを予約しておいた判断力には脱帽である。2台のタクシーに分乗、水仙の畑だけでなく千葉県の県花・菜の花や梅、河津桜が咲き始めている佐久間ダムへ。これで予定時間との時差が解消、見事な時間調整の技だ。駐車場は水仙見物ツアーの大型観光バスが既に5〜6台駐車中だった。
ところで、房総の水仙の里として知られるここ、鋸南町保田付近では江戸時代から水仙が生産され、船で江戸へ出荷されていたそうである。中でも特別に人気の二つの名所があるという。一か所は我々が初日にその芳香に引き寄せられて、佐久間ダムから上り坂を選んで歩いた「をくづれ水仙郷」と呼ばれる大崩地区一帯。もう一つが、二日目に全員がなだらかな斜面に咲き誇る圧倒的な量の水仙畑に心奪われた「江月水仙ロード」である。二日間、その二つを仲間とかなりの距離を歩き回り、清々しい水仙の香りに心の隅まで優しく洗われた心地良さ。春を先取りしたこの美しくも素朴な喜びは、以前実施した「曼殊沙華を見る会」と同様に高く険しい登山が不慣れな私には、里山・低山歩きの醍醐味味であると思った。
高山や里山に限らず、町田サロンの企画には、いつも学ぶ点がたくさんある―これは薄学の私には、とても有益である。今回の旅でも、二日目の江月水仙ロードの散策で鎌倉幕府を興した源頼朝との深い関係を知ったことだ。
「伊豆で流人生活を送っていた頼朝は平家打倒を掲げて挙兵したが、石橋山の決戦で敗れ、海路ここ安房に落ち延びたのである。上陸した頼朝は、各地の豪族へ書状を送り、わずか14日間で安房の豪族たちを味方にして一大勢力となり平家を滅ぼし、鎌倉幕府を開いた」―との史実が観光客用のパンフに書かれていた。実際、江月水仙ロードには、頼朝が岩穴に身を隠した頼朝隠れ里や馬つなぎ石などが残され、安房勝山駅に近い上陸地竜島海岸には立派な石の史跡がある。
新年会は、勝山海岸にある海と夕日の展望風呂の民宿「おしなや」で旬の地魚中心の豪華版であった。(了)
参加者:石原、桐山、丸山、鎌田、仲川、植木信久、植木淑美、皆川 (計8名)


インフォメーション
第51回サテライト・サロン吉祥寺報告  new!
第52回サテライト・サロン吉祥寺開催案内
第50回サテライト・サロン吉祥寺報告
第49回サテライト・サロン吉祥寺報告
サテライト・サロン多摩報告(3/30)
第48回サテライト・サロン吉祥寺報告
サテライト・サロン多摩報告(2/19)
第47回サテライト・サロン吉祥寺報告
第30回サテライト・サロン立川報告
第46回サテライト・サロン吉祥寺報告
第45回サテライト・サロン吉祥寺報告
第29回サテライト・サロン立川報告
第44回サテライト・サロン吉祥寺報告
第43回サテライト・サロン吉祥寺報告
第42回サテライト・サロン吉祥寺報告
第28回サテライト・サロン立川報告
第41回サテライト・サロン吉祥寺報告
第27回サテライト・サロン立川報告
第40回サテライト・サロン吉祥寺報告
第74回サテライト・サロン町田報告
第73回サテライト・サロン町田報告
第72回サテライト・サロン町田報告
第71回サテライト・サロン町田報告
第70回サテライト・サロン町田報告
第69回サテライト・サロン町田報告
第39回サテライト・サロン吉祥寺報告
第38回サテライト・サロン吉祥寺報告
第68回サテライト・サロン町田報告

アカヤシオ
多摩の花 アカヤシオ

過去記事
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年