2018年3月定例山行/「幕山」


集合写真

幕山山頂にて

   日時   2018年3月3日(日)
   集合   湯河原駅集合
   行程   湯河原駅9:15集合 9:25発幕山公園行きバス→9:40幕山公園着10:10出発
           →11:30周回コース→11:45幕山山頂 (昼休憩 記念撮影)12:20出発→12:40自艦水
           →13:12南郷山→14:50鍛冶屋バス停→15:15発バス→15:25湯河原駅
   コースタイム 4時間40分
   参加者  L副島一義 SL清水茂美 小野勝昭 石橋學 鬼村邦治 清水節美 川崎真琴 野口正江
           佐久間マサエ 山内ひとみ 人見茂子 松川信子 植草由利 西村智磨子 青木義仁


 集合場所の湯河原駅はたくさんのハイカーで混んでいた。幕山の梅林が見頃を迎えたので、混んでいるのだろう。 全員集合してバスに乗り幕山公園へ向かう。入場料200円を払い、広場で、準備体操、初めて参加する会員もいたので、自己紹介をした。2班に分けて出発。青空に幕山の頂上が見える。梅林の中を歩き始める、少し上がったところから、紅白の梅が絨毯のように、山全体に咲いている。 梅林を抜けると、ロッククライミングの岩場へ出る。30メートル以上の岩を登っている。幕山はやさしい梅林があったり、険しい岩場もあり、変化のある山である。 しばらくして、東屋で休憩をとる。気温が急に上がり、冬から一気に春が来たような陽気だ。この暑さに慣れてないので、ゆっくりと歩く。





 出発から45分ごろ真鶴半島が見えてきた。標高は高くない山だが、高度感がある。 更に登りが続く。 11時30分頂上手前の分岐から左へ周回コースへ、周回コースからは箱根の山々や、遠くには天城山も見えた。一周回り幕山頂上へ到着、沢山の人で座る場所もないくらいだ。3箇所に分かれて昼食をとる 12時15分に集合して記念撮影。 南郷山へと出発した。 幕山を過ぎるとぐっと人が少なくなり、静かな山歩きとなる、 自艦水という所に出る、ここは源頼朝が自害をしようとして水面に映った自分の哀れな姿を見て再起を決意したという歴史的な池である。今はどう見ても大きめな水溜まりという感じだった。 背の高い笹林を抜けると南郷山へ到着した、南郷山を少し下がったところが真鶴半島、伊豆半島、の大展望だ、海の潮流も見える。山から海が見えるのは何とも気持ちがよい。





 そこから急な下りとなり、注意して降りる。下りが終わるとゴルフ場の横を通り舗装道路の下りとなる、舗装道路の下りは歩きにくく、副島リーダーに下りの歩き方を教えてもらう。みかん畑の横を通る、沢山みかんが成っていた。更に下ると鍛冶屋バス停に到着。バスの時間まで、五郎神社でお参りしたり、みかんを買ったりした。みかんは美味しく安かった。湯河原駅に15時25分に到着。駅で解散とした。温泉へ立ち寄る方やお土産を買ったり、それぞれに別れた。快晴の中おしゃべりしながらゆっくり歩く楽しい山行となった。



上の写真は拡大してご覧になれます。写真上をクリック。