2017年4月 平日山行/蓑山


蓑山山頂

蓑山山頂にて

   日時   2017年4月20日(木)風もなく暖か
   集合   西武秩父駅
   行程   西武秩父駅10:39→11:00高原牧場入口11:10→11:34二十三夜寺→
          12:00浅間神社12:25→13:15美の山公園(昼食、お花見と抹茶)14:20→蓑山山頂→
          15:25親鼻駅
   参加者  L.北原周子、SL.小野勝昭、東敦子、佐久間マサヱ、辻橋明子、酒井俊太
          中原三佐代、小河今朝美、竹内恭江、荒井俊雄、石津谷悦朗、川尻久美子、吉川美玲
          (先発隊)鬼村邦治、河野悠二、(別動車)田邊壽、宮崎紘一、小川武
          以上18名
   記録   文/辻橋明子、写真/酒井俊太、河野悠二

 高原牧場入口でバスを下車。常楽寺を右に回り込むように続く舗装路をゆるく登りながら進む。道すがらピンクの色濃いカイドウや名残のサクラが咲く春の雰囲気に満ちた里山風景を楽しむ。しばらくするとお稲荷様の赤い鳥居が見えてきて二十三夜寺に着く。風もなく暖かでワンピッチ、ゆっくり歩いて来ただけで汗ばんでいる。上着を脱いだり水分補給をしたりのタケノコ休憩をする。
 登山道は途中何度か林道を横切りながら進むが、両サイドに春の花が咲き次々に現れてそのたびに歩をゆるめてしまう。圧巻は「関東一の群生地」と標示板のある一帯のピンクのイカリソウだった。山頂まであと30分くらいの時、リーダーが河野さん、鬼村さんに一足早く山頂へ行って昼食場所の確保をするようお願いし、お二人は足早に山頂に向かって下さる。田邊、宮崎、小川の先輩3人が車で山頂に向かっているとのこと。最後の舗装路から山頂に向かう道でもたくさんのフデリンドウ、スミレたちが出迎えてくれる。
 山頂ではサクラの大木の下にシートが広げられ、先にお着きのお三方もそろって出迎えて下さる。1時を過ぎており、みなお腹がペコペコ、早速昼食をとる。その間に食後のお楽しみ、お茶のお点前の準備が進められ、お菓子が揃えられる。昼食を終えられた方から順にお菓子、抹茶をいただいた。中には立派な手前茶碗を用意して優雅な一服を楽しんでいた方もいる。
 下りは親鼻駅まで真直ぐに向かい、のんびりゆったりのお花見山行を終えた。ピークをめざし一生懸命登る山行も良いが、後期高齢者となった自分にはこのような山行が時々あったら良いなあ!と感じるのであった。
花合わせ ハルジオン、オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ、カキドオシ、ホトケノザ、セントウソウ、タチツボスミレ、アケボノスミレ、エイザンスミレ、ナガバノスミレサイシン、チゴユリ、イカリソウ、ヒトリシズカ、ミミガタテンナンショウ、フデリンドウ、キランソウ、ニリンソウ、カントウタンポポ、セイヨウタンポポ、ジュウニヒトエ、キジムシロ、センボンヤリ、カラスノエンドウ、ニガイチゴ、ユキヤナギ、ヤマブキ、サクラ他





上の写真は拡大してご覧になれます。写真上をクリック。