多摩百山 多摩百山TOP

多摩百山ガイドを公開しました。

 日本山岳会東京多摩支部は設立5周年記念事業として「多摩百山」を選定しました。
 多摩地域には約350を超える山々があります。その盟主は深田久弥の日本100名山にも選定されている東京都の最高峰である雲取山(2017.1m)です。
奥多摩地域の山々は東京都の奥座敷といわれ、交通の便にも恵まれた身近な存在としてありますが、その山々は深い渓谷の奥にあり、春の芽吹き、秋の紅葉シーズンにはとくに美しい姿を見せてくれます。
 東京多摩支部では、その美しい山々を延べ150人の支部会員が実際に歩いて実地調査を行い、百山を45のコースで登るガイドにまとめました。
 多摩の美しい山々を安全に楽しんでいただきたいとの思いで、皆様にここにご提供させていただきます。十分に下調べをした上で安全に山に登っていただければと願っております。  ガイドはこちらから 


第2期中級登山教室 7月山行「鋸山から大岳山、馬頭苅山」報告

 第2期中級登山教室の第2回登山実習が行われた。新型コロナウィルスの感染拡大により、準備してきた大菩薩嶺・大菩薩ヒュッテ泊・小金沢連嶺縦走計画は急遽、東京多摩支部の地元の山「鋸尾根から大岳山・馬頭苅山」日帰り山行にコース変更となった。
前日の天気予報では曇り時々雨であったが、奥多摩駅に向かう途中から雨が降りだした。予定外の雨で歩き出しからレインウエア着用、最初の山である鋸山を目指した。
 詳細はこちらから 


第8期初級登山教室 3月登山実習「百蔵山・扇山」報告

 バス停の列は電車が着くたび長くなっていく。早めに来たバスにギシギシと乗り込んでいると、運転手が臨時バスを要請したとアナウンスが入る。降車して体操他。民家立ち並ぶ車道の歩き出し。気温が高いので汗をかく。登山口は手ごろな休憩場所で衣服調整、水分補給をする。登山は前回の教室以来の受講生もおり、少しこの先の行程に不安がある様子も見受けられる。
詳細はこちらから 


第7期初級登山教室 3月修了登山実習「本仁田山」報告

 第7期初級登山教室も恒例となった修了登山の雲取山(1泊の小屋泊り)は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、日帰りでかつ修了式が可能な山として奥多摩駅裏の本仁田山に変更になり、受講生に連絡をした。受講生の反応はやはり雲取山には行きたかったが中止や延期よりは良かったとの印象であった。
 詳細はこちらから 





 トピックス
第2期中級登山教室「鋸山から大岳山、馬頭苅山」報告 new
第121回幹事会報告 new
コロナ禍の登山と感染予防
秋川、多摩川の水環境調査報告
定例山行10月〜12月案内
平日山行10月〜12月案内
2月定例山行「霧ヶ峰スノーシューハイク」報告
3月平日山行「セーメーバン」報告
支部設立10周年記念「講演会」報告
支部設立10周年記念式典報告&フォトアルバム
東京多摩支部会報のメール配信希望者の募集

登山教室
 
会員募集中

 メニュー
定例山行案内
平日山行案内
奥多摩BC
会議案内
会員専用ページ
都県分境嶺踏査山行報告
入会案内
お役立ちリンク集
公益社団法人 日本山岳会
公益社団法人 東京都山岳連盟
お問合せ