多摩百山 多摩百山TOP

多摩百山ガイドを公開しました。

  日本山岳会東京多摩支部は設立5周年記念事業として「多摩百山」を選定しました。
 多摩地域には約350を超える山々があります。その盟主は深田久弥の日本100名山にも選定されている東京都の最高峰である雲取山(2017.1m)です。
奥多摩地域の山々は東京都の奥座敷といわれ、交通の便にも恵まれた身近な存在としてありますが、その山々は深い渓谷の奥にあり、春の芽吹き、秋の紅葉シーズンにはとくに美しい姿を見せてくれます。
 東京多摩支部では、その美しい山々を延べ150人の支部会員が実際に歩いて実地調査を行い、百山を45のコースで登るガイドにまとめました。
 多摩の美しい山々を安全に楽しんでいただきたいとの思いで、皆様にここにご提供させていただきます。十分に下調べをした上で安全に山に登っていただければと願っております。  ガイドはこちらから 


第6期初級登山教室 登山実習「上高地・山研宿泊・岳沢登山」報告

 今年は雪が少なく、ようやく雪が現れたのは岳沢の小屋近くに来た時だった。標高を上げるに従い穂高の峰々が近くに現れ始め、樹林帯を越えたあたりで受講生は声を上げていた。これまで登ってきた山とは一線を画すその雄姿は、初めて目の当りにする人にはひとしおであったようだ。。
 詳細はこちらから 


5月平日山行「大蔵高丸・ハマイバ丸」報告

  ここの山容は、ほとんど平坦な高原のようで、お花畑が広がっていた。花はまだだが一斉に咲くと壮観だろうと想像がつく。ガスだらけで眺望なないのではと思っていたが強風が吹いていて、ガスは蹴散らされて見当たらず、富士山もその存在感を充分に示してくれた。展望を満喫し記念撮影して、ハマイバ丸に向け出発。この強風は下山地点の米背負峠まで付き合うことになった。
 詳細はこちらから 


5月定例山行「三ツドッケ(天目山)」報告

 今回の山行は奥多摩駅始発のバスに乗車するため、電車では間に合わない7名が奥多摩BCに前泊することとなった。山行当日、奥多摩駅のバス停で電車組7名と合流した。バスに乗車し、東日原バス停でミーティング・体操して出発した。今回参加者が14名となったことから、2班体制とした。一杯水避難小屋に通ずるヨコスズ尾根は登山口からかなりの急登で、斜面がゆるやかになるまで2時間。この日は暑くもなく寒くもなく五月晴れの絶好の登山日和で、さわやかな風が心地よい。
 詳細はこちらから 


4月積雪期登山技術講習「編笠山」報告

 4月1日4時起床、5時に小淵沢駅を出発。満月の灯りで南アルプスがうっすらと浮かんで見える。富士見高原ゴルフコース駐車場に到着し出発準備。5時40分に比留間さんが先頭、石橋SLがサポートし、佐藤Lが最後尾で出発。あたりはもう明るくなっていた。気温はプラス4度、風もなく登山日和だ。しばらく広葉樹林帯の中を歩く、雪はなく地面は柔らかく歩き易い。標高が1800mを超えると残雪が氷結した登山道になり7時30分アイゼンを装着した。
 詳細はこちらから 


中級登山教室 登山実習「奥多摩/天祖山〜タワ尾根下降」報告

 リーダー育成を目的とした山行がいよいよ始まった。 始発のバスに乗車するため9名が奥多摩BCに前泊、直行組8名が合流し参加者全員が奥多摩駅に集合した。
 予報より天候の回復が早く、雨具を付けずに歩けそうな予感に少しだけ気持ちが軽くなる。バス停到着後準備体操、リーダー、講師のお話後2チームに分かれて出発した。車道を1時間ほど歩行、途中稲村岩を左手に臨み登山口に8:10到着、登り始める。いきなりの急登が続き九十九折の道を息を整えつつ登つて行くと陽が射してきて、エゾハルゼミが賑やかに鳴き始めた。
 詳細はこちらから 


冒険家の大蔵喜福さんと行く「高尾山親子森育ハイキング」報告

 これまでの2回は、山の日記念事業として8月11日の山の日に近い日曜日に開催されていた高尾山親子森育ハイキングだが、今年は夏の暑さを避けるため春5月に第3回高尾山親子森育ハイキングとして企画・開催された。当日の天候が心配されたが、朝から晴れ上がり絶好のハイキング日和となった。参加申込は6家族14名であったが、当日キャンセルがあり5家族11名となり、子供たちは6歳から9歳までの男の子6名となった。
 詳細はこちらから 


第5期初級登山教室 修了登山「雲取山」報告

 第5期も最後の「雲取山」修了登山を迎えることになった。ところが、1月終わり頃から雲取山荘の水不足により素泊まり宿泊のみとなり、日程を4月にづらしての実施となった。前日までの雨が夜半には上がり、奥多摩駅では日も差し始めてきた。増便バスは定刻より早くしたお蔭で、鴨沢バス停には予定より早く到着した。ミーティング、トイレ、準備体操を済ませ、柔らかな日差しと涼風、新緑に癒されながら出発。修了登山で受講生も気合が入っている。
 詳細はこちらから 


登山教室リーダー研修山行「天狗岳」報告

  登山教室リーダー研修山行で、雪中歩行の習熟、ルートファインディング、アイゼン歩行などを目的として、北八ヶ岳・天狗岳に行って来た。天狗岳は、北八ヶ岳の最高峰で雪山初級ルートして賑わうところだ。両日ともに好天に恵まれて最高の山行日和となった。
 詳細はこちらから 


講演会 「山の自然保護を考える〜トイレ問題との関わりで〜」報告

 講師は、仕事でアラスカ、ミシガンで漁業に従事し、五大湖で環境汚染知り、帰国後、公害・環境、自然保護関係の編集、調査の仕事に携わり、1985年に日本トイレ協会を設立し公衆トイレの改善に取組み、その後、山のトイレ、学校のトイレ、駅のトイレ、途上国のトイレと展開された活動を行ってきた。今回は、その活動の中で、山のトイレを主体に講演をされました。
 詳細はこちらから 


 トピックス
国土地理院主催/企画展「山を知る」のご案内  new!
第6期初級登山教室「山研宿泊・岳沢登山」報告  new!
2018年「三ツ峠アツモリソウ保護活動」報告  new!
5月平日山行「大蔵高丸・ハマイバ丸」報告
5月定例山行「三ツドッケ(天目山)」報告
第4回積雪期登山技術講習「蝶ヶ岳」報告
第96回幹事会報告
「富士山須山口登山歩道」探勝集会のご案内
安全登山講演会「コンビニ登山の危うさ」開催案内
納涼ビアパーティー開催案内
中級登山教室「天祖山〜タワ尾根下降」報告
山の日記念「高尾山親子森育ハイキング」報告

 
登山教室
 
会員募集中

 メニュー
会員専用ページ
公益社団法人 日本山岳会
奥多摩BC
都岳連情報
定例山行案内
平日山行案内
都県分境嶺踏査山行
入会案内
お役立ちリンク集
お問合せ