多摩百山 多摩百山TOP

多摩百山ガイドを公開しました。

 日本山岳会東京多摩支部は設立5周年記念事業として「多摩百山」を選定しました。
 多摩地域には約350を超える山々があります。その盟主は深田久弥の日本100名山にも選定されている東京都の最高峰である雲取山(2017.1m)です。
奥多摩地域の山々は東京都の奥座敷といわれ、交通の便にも恵まれた身近な存在としてありますが、その山々は深い渓谷の奥にあり、春の芽吹き、秋の紅葉シーズンにはとくに美しい姿を見せてくれます。
 東京多摩支部では、その美しい山々を延べ150人の支部会員が実際に歩いて実地調査を行い、百山を45のコースで登るガイドにまとめました。
 多摩の美しい山々を安全に楽しんでいただきたいとの思いで、皆様にここにご提供させていただきます。十分に下調べをした上で安全に山に登っていただければと願っております。  ガイドはこちらから 


第2期中級登山教室 12月実習「臼杵山地図読み山行」報告

 宮崎講師より、今回の山行目的である地図読みについての説明を受け、コンパス以外の機器の使用を禁じられ、山行中数か所のポイントで、位置確認テストを実施することとなった。スタート地点の標高は193mから200mであることを確認。なお、受講生1名と連絡つかないままスタートすることとなった(後刻連絡がとれる)。
 スタート後間もなく、登山口不明で早くも道迷い。住民のアシストを受け、講師から配布された地図を左手持ち、使用されていない昔道から急登。
 詳細はこちらから 

第2期中級登山教室 10月実習「クライミング体験研修」報告

 第2期中級登山教室も、コロナ渦の影響を受け、当初の予定(八ヶ岳縦走)に代えてクライミング体験研修を実施することとなった。 事前の座学講習においては、初歩のまた初歩ではあるものの、エイトノット、インクノット(クローブヒッチ)、ムンターヒッチなどの反復練習を行った。当日は、ロープの結び方と道具の準備を確認して参加した。
 当日は、山行にも行きたくなる程の秋晴れ。初めてのクライミング研修が体験できることが快晴の天候と重なって、皆、気持ちが高揚している様子であった。
 詳細はこちらから 

11月平日山行「守屋山」報告

 諏訪湖を見下ろし、南北中央アルプスや八ヶ岳に囲まれた展望の山“守屋山”。だが、高気圧が退潮期に入り天気は下り坂で大展望との出会いは叶いそうにない。2020年11月19日、今月の平日山行は9名の参加者で守屋山に登った。
 詳細はこちらから 


11月定例山行「鶴ヶ鳥屋山」報告

 カサッ、カサッ、歩を進めると乾いた軽やかな音が周囲に溢れる。晩秋の中央線沿線の山々は落葉が降り積もり心地よい。  2020年11月の定例山行は「鶴ヶ鳥屋山」へ出かけた。
 早朝8時25分、20人が笹子駅前に集合し3班体制で歩き始める。湿っぽく薄暗い林道から船橋沢添いの山道を南に辿って行き、何度か徒渉を繰り返すうちに、一時間ほどで尾根への登り口に着いた。
 詳細はこちらから 

10月平日山行「大楠山」報告

 当初は10月22日に実施予定だったが、降雨が見込まれるため、晴れる可能性の高い21日に前倒しして実施された。準備運動後9:30に駅前を出発し、勾配の急な住宅地の坂道を登っていくと30分ほどで「塚山公園」に着く。ここは徳川家康の信認を得て造船術や航海術を伝えたが晩年は不遇であったと言われる「三浦按針」が眠る地。落ち着いた雰囲気の公園だ。
 詳細はこちらから 


第2期中級登山教室 9月登山実習「乾徳山」報告

 全員が早めに集合し、タクシー3台で塩山駅を出発した。大平高原は、18℃で適温であったが、靄っていた。草深いわらび畑を抜けると林道、間もなく大平高原分岐からは、樹林帯の斜面を進む。出発後およそ1時間経過した地点で休憩をとったため、ススキが広がる定番の月見岩周辺は通過し、一気に扇平まで進み一服。その間、鹿を目撃したメンバーが数人いた。その後は、根がからみついた岩を縫うように登り鎖場に挑む。
 詳細はこちらから 




 トピックス
定例山行4月〜6月案内 new
平日山行4月〜6月案内 new
第126回幹事会報告
「錦秋の散策と恒例芋煮会」+「エベレスト登山こぼれ話」報告
第2期中級登山教室「臼杵山地図読み山行」報告
第10回登山教室指導者養成講習会のご案内
11月平日山行「守屋山」報告
「高尾山人気の秘密と植生の不思議」報告
10月定例山行「鶴ヶ鳥屋山」報告
第2期中級登山教室「乾徳山」報告

登山教室
 
会員募集中

 メニュー
定例山行案内
平日山行案内
奥多摩BC
会議案内
会員専用ページ
都県分境嶺踏査山行報告
入会案内
お役立ちリンク集
公益社団法人 日本山岳会
公益社団法人 東京都山岳連盟
お問合せ