多摩百山 多摩百山TOP

多摩百山ガイドを公開しました。

  日本山岳会東京多摩支部は設立5周年記念事業として「多摩百山」を選定しました。
 多摩地域には約350を超える山々があります。その盟主は深田久弥の日本100名山にも選定されている東京都の最高峰である雲取山(2017.1m)です。
奥多摩地域の山々は東京都の奥座敷といわれ、交通の便にも恵まれた身近な存在としてありますが、その山々は深い渓谷の奥にあり、春の芽吹き、秋の紅葉シーズンにはとくに美しい姿を見せてくれます。
 東京多摩支部では、その美しい山々を延べ150人の支部会員が実際に歩いて実地調査を行い、百山を45のコースで登るガイドにまとめました。
 多摩の美しい山々を安全に楽しんでいただきたいとの思いで、皆様にここにご提供させていただきます。十分に下調べをした上で安全に山に登っていただければと願っております。  ガイドはこちらから 


第7期初心者向け登山講座及び登山実習  受講生募集案内

楽しく安全な山歩きが楽しめるよう、山歩きの基本的な知識やマナーを学びます。
講師は、経験豊富な日本山岳会東京多摩支部のスタッフです。山登りに欠かせない基礎的な知識や技術を楽しく分かりやすく講習します。
講座と並行して、奥多摩三山を登る初心者向け登山実習が用意されています。サポートするのは日本山岳会東京多摩支部の経験豊富な山のベテランが親切丁寧に指導します。山歩きが初めての方でも安心してご参加できます。
 詳細はこちらから 


2月定例山行「上高地スノーハイク」

 高尾駅南口に集合して、マイカー2台に分乗して出発。途中で新島々の深澤酒店に立ち寄り、釜トンネル入口から歩き始めたのは正午過ぎになった。かつての釜トンネルは、真っ暗闇の中ヘッドランプの明かりを頼りに、凍りついた地下水に足元を注意しながら通過したそうだ。現在は照明が煌々と点り路面も乾いていて少し興ざめだったが、いつもは車であっという間に通りすぎるトンネルを歩いて抜けることには、日常から離れた世界に足を踏み入れる儀式のようなワクワク感があった。
 詳細はこちらから 


第6期初級登山教室 登山実習「陣馬山」

 景信山に向かう最初の入山口でアイゼンを装着した。このところ気温も上昇し雪も溶け始めていたが、日陰では凍結状態になっていて、入山口でいきなりのアイゼン装着は登山教室では初めての経験となり、以後午後の下山時まで装着した状態で行動することになった。登山道は凍結していないところと凍結しているところと交互にやってきて、それでも景信山までは概ね計画通りに進んだ。
 詳細はこちらから 


登山教室リーダー研修山行「天狗岳」報告

  登山教室リーダー研修山行で、雪中歩行の習熟、ルートファインディング、アイゼン歩行などを目的として、北八ヶ岳・天狗岳に行って来た。天狗岳は、北八ヶ岳の最高峰で雪山初級ルートして賑わうところだ。両日ともに好天に恵まれて最高の山行日和となった。
 詳細はこちらから 


第5期初級登山教室 登山実習 「入笠山」報告

  数日前に降った雪でスノーシュー体験が期待できそうである。バスも渋滞に合わず、順調に富士見パノラマスキー場に到着した。駐車場はほぼ満杯である。スノーシューレンタルとゴンドラチケットの手続きをする。ゴンドラ料金、スノーシューレンタル料金ともに特別割引があった。
 詳細はこちらから 


2月技術講習山行 「八ヶ岳・横岳」報告

 今回の山行は山行委員のスキルアップを目的とした第2回積雪期登山技術講習である。集合地の高尾駅南口をほぼ定刻に出発。途中の車窓から望む八ヶ岳方面は厚い雲に覆われ辛うじて影が見える程度である。小川邸へ到着後、強風が吹く中、速やかに登山準備を行う。打ち合わせと軽食後、海ノ口自然郷横岳登山口(駐車場)へ向かった。登山口からはしばらく富士見岩遊歩道に沿う車道を歩いたが、アスファルト面が凍っており慎重に歩みを進める。30分程で水面の凍結した貯水池(東屋)に到着しここでアイゼンを装着。
 詳細はこちらから 


2月平日山行「大野山」報告

 酒匂川の吊橋を渡り、市道を登ると道端に野猿の親子が歩き廻っていました。地元の人が車を停めて「今はこんなに なって」と嘆いていました。 登山口で休憩、水分、行動食、を摂ってから山道に入る。駅から見えていた送電線の鉄塔を確認、杉林を進み、四阿には寄らず、植林を鹿の食害から守る鉄柵のゲートを開けて入り、つづら折りの階段を登る。
 詳細はこちらから 


講演会 「山の自然保護を考える〜トイレ問題との関わりで〜」報告

 講師は、仕事でアラスカ、ミシガンで漁業に従事し、五大湖で環境汚染知り、帰国後、公害・環境、自然保護関係の編集、調査の仕事に携わり、1985年に日本トイレ協会を設立し公衆トイレの改善に取組み、その後、山のトイレ、学校のトイレ、駅のトイレ、途上国のトイレと展開された活動を行ってきた。今回は、その活動の中で、山のトイレを主体に講演をされました。
 詳細はこちらから 


安全登山講演会 「下半身を鍛えて安全登山」

 講師はミウラ・ドルフィンズの宮ア喜美乃さん。2015年12月に引き続づき宮ア講師を招いての講習会。前回は体幹を鍛えるで、今回は下半身を鍛えることがテーマである。
 講師の自己紹介のあと、講義が始まった。安全な登山にとって大切なのは、ココロとカラダに余裕があること。登山の特徴は、長時間荷物を背負って傾斜地や不整地を歩くことなので、余裕のある登山のためには、持久力、筋力、敏捷性、柔軟性、平衡性、瞬発力など、すべての体力要素を満遍なく鍛えることが大事である。加齢によって一番低下しやすいのは平衡性ということで、全員で片足閉眼立ちによる体力テストを行った。
 続きはこちらから 




 トピックス
冒険家の大蔵喜福さんと行く「高尾山・親子森育ハイキング」開催案内  new!
「登山計画書提出方法等の説明会」開催案内  new!
2月定例山行「上高地スノーハイク」報告  new!
登山技術講習山行「南八ヶ岳縦走」報告  new!
第7期初心者向け登山講座及び登山実習 受講生募集案内
第6期初級登山教室「陣馬山」報告
第93回幹事会報告
登山教室リーダー研修山行「天狗岳」報告
会員向け「植物観察会」のご案内
「大久保春美さんお別れの会」ご案内
沢登り同好会「第3回冬季トレーニング」報告
第5期初級登山教室「入笠山」報告
2月平日山行「大野山」報告

 
登山教室
 
会員募集中

 メニュー
会員専用ページ
公益社団法人 日本山岳会
奥多摩BC
都岳連情報
定例山行案内
平日山行案内
都県分境嶺踏査山行
入会案内
お役立ちリンク集
お問合せ