多摩百山 多摩百山TOP

多摩百山ガイドを公開しました。

 日本山岳会東京多摩支部は設立5周年記念事業として「多摩百山」を選定しました。
 多摩地域には約350を超える山々があります。その盟主は深田久弥の日本100名山にも選定されている東京都の最高峰である雲取山(2017.1m)です。
奥多摩地域の山々は東京都の奥座敷といわれ、交通の便にも恵まれた身近な存在としてありますが、その山々は深い渓谷の奥にあり、春の芽吹き、秋の紅葉シーズンにはとくに美しい姿を見せてくれます。
 東京多摩支部では、その美しい山々を延べ150人の支部会員が実際に歩いて実地調査を行い、百山を45のコースで登るガイドにまとめました。
 多摩の美しい山々を安全に楽しんでいただきたいとの思いで、皆様にここにご提供させていただきます。十分に下調べをした上で安全に山に登っていただければと願っております。  ガイドはこちらから 


第9期初心者登山教室 受講生募集受付開始

日本山岳会東京多摩支部が自主運営する初心者向け登山教室です。
楽しく安全な山歩きが楽しめるよう、山歩きの基本的な知識や技術、及びマナーを学びます。
講師は、経験豊富な日本山岳会東京多摩支部の会員です。山登りに欠かせない基礎的な知識や技術を楽しく分かりやすく講習します。
講座と並行して、奥多摩三山を登る初心者向け登山実習が用意されています。サポートするのは日本山岳会東京多摩支部の経験豊富な山のベテランが親切丁寧に指導します。山歩きが初めての方でも安心してご参加できます。
詳細はこちらから 


支部設立10周年記念講演会 「ヒマラヤ登山爛熟期を振り返る」案内

 日本のヒマラヤ登山の発展に力を尽くしてこられた重廣恒夫会員を講師に迎え、幾多の高峰に足跡を残してきた軌跡と現在までをお話しいただきます。
◇期日  2020年1月18日(土) 午前10時50分〜12時30分(受付10時20分)
◇会場  武蔵野スイングホール 定員180人
◇参加費 500円
◇申込  ホームページの申込フォームから
 詳細はこちらから 


第8期初級登山教室「高水三山」報告

 第8期初心者向け登山教室が修了し、更に高度な登山技術を習得することをめざす第8期初級登山教室が始まった。初心者向け登山教室から引き続き受講する24名に加え初級から新たに参加する5名を加えた総勢29名が1年半にわたる講座と登山実習のカリキュラムに取り組む。
初級登山教室の第1回目の実習は高水三山である。前の週までは暑い日もあったが、天候は薄日の差す曇りで登山に適したあまり暑くない歩きやすいコンディションである。
詳細はこちらから 


第1期中級登山教室 11月山行「八ヶ岳・権現岳テント山行」報告

 夜行バスは10 分遅れで晴れ上がる室堂2420mに着いた。観光客に交じって登山装備の人々もかなり目立つ。青空の下、玉殿湧水の前で朝食を済ませ荷を分け合って出発した。雷鳥平に向かって150mほどの下り。地獄谷からは水蒸気があがっている。途中の展望台から日本で最初に発見された氷河地形の圏谷、立山の山崎圏谷をみる。
 下りが終わり雷鳥沢のテント場から浄土沢を渡り、登山道に入るとすぐに雷鳥坂と新室堂乗越の分岐点だ。雷鳥坂を避けて乗越から尾根歩きして500mほど標高を上げていく予定だ。
 詳細はこちらから 


支部設立10周年記念「インドヒマラヤザンスカール未踏峰遠征隊参加者募集

<遠征計画>
1)遠征実施時期:2020年7月18日(土)〜8月10日(月)の24日間を予定
2)募集遠征隊員数:4〜10名程度〜全員6000m級未踏峰の登頂を目指します〜
3)募集期間:2020年1月18日(土)〜4月30日(木)
<遠征参加者の条件>
1)公益社団法人日本山岳会会員及び準会員(日本出発時点)
2)遠征中の健康を自己で管理ができ、海外の高峰・未踏峰に興味がある方。
3)冒険志向を持ち、2週間程度の高所キャラバンに順化・協調できる方。
4)東京多摩支部会員以外の参加も歓迎いたします。(国内にて事前山行を実施します)
 詳細はこちらから 


11月平日山行「羅漢寺山」報告

  甲府駅から4台のタクシーで獅子平まで。獅子平登山口から甲斐市自然観察路を2班体制で登り始める、しばらく舗装道が続く、獣除けのゲートを超えてゆるい登り、森林の中に入る。道はよく踏まれているが、時折倒木が道を塞ぐ。テープ、赤ペンキがあり、よく整備されている。
 詳細はこちらから 


第7期初級登山教室 11月登山実習「高畑山・大桑山」報告

 台風19号の影響があり下見の結果、倉岳山・立野峠からの月尾根沢沿いの登山道が荒れており、コースを高畑山から大桑山への往復に変更し実施した。紅葉は未だ早く山全体も緑が目立つ。いつも通り鳥沢駅前広場で、ミーティング、準備体操をして2班、3班、1班の順で出発する。
 道標に従い小篠集落を抜け、登山口のゲートをくぐり小篠貯水池に出るが、やはり紅葉はあまり進んでいない。林道から枝沢の道は深くえぐれた所があり歩きづらい。
 詳細はこちらから 


登山教室修了生補習山行「茅ヶ岳・金ヶ岳」報告

 車窓から見える山容は、どの山も陽射しを受けてとても輝き、初秋を感じさせない陽気は、長い関越トンネルを抜けても変わらない。明日登る八海山を眺めていると、今日の目的地である「魚沼の里」に10時半に到着する。「魚沼の里」は霊峰・八海山の麓、南魚沼市長森の一角、のどかな田園風景が広がり、レストランや見学施設が点在している里山で、清酒「八海山」で有名な八海山醸造が運営している。 登山教室修了生対象の補習山行第3回目は、『日本百名山』の著者、深田久弥ゆかりの「茅ヶ岳」である。バスの車中、深田久弥が戦前からの日本山岳会員であり副会長も務めたことが紹介され、山岳会への思いを新たにした。
 詳細はこちらから 


10月定例山行「御座山」報告

 南佐久の山域で、唯一2000mを超える御座山は、樅や栂(つが)等の原生林に覆われている自然豊かな奥深い山である。千曲川を挟んで対峙する八ヶ岳とは、対照的に華やかさは無いが、シャクナゲの咲く山として地味だが登山愛好者には、知られている。快晴に恵まれた5日早朝、JR分倍河原駅東口を予定の時刻に2台のマイカーに分乗して出発した。国立府中ICから中央高速道に入り、順調に走り、双葉SAで休憩をし、須玉ICからR141 佐久街道に出、小海町で、R299武州街道経由長野県北相木村にある長者の森駐車場に計画より30分早く着いた。
 詳細はこちらから 





 トピックス
第9期初心者登山教室 受講生募集開始 !!
「縦走中におけるロープ使用方法講習会」報告  new!
第53回サテライト・サロン吉祥寺開催案内  new!
講演会報告「最近の奥多摩における山岳遭難事故の実態と事故の防止」
第8期初級登山教室「高水三山」報告
第31回サテライト・サロン立川報告
第114回幹事会報告
支部設立10周年記念講演会「ヒマラヤ登山爛熟期を振り返る」案内
第1期中級登山教室 11月山行「八ヶ岳・権現岳」報告
2020年度全国支部懇談会開催案内(宮崎支部)
11月平日山行「羅漢寺山」報告
支部設立10周年記念事業/インドヒマラヤザンスカール未踏峰遠征隊参加者募集
第7期初級登山教室「高畑山・大桑山」報告
南関東三支部合同懇親山行報告
8月定例山行「北岳報告
東京多摩支部会報のメール配信希望者の募集

登山教室
 
会員募集中

 メニュー
定例山行案内
平日山行案内
奥多摩BC
会議案内
会員専用ページ
都県分境嶺踏査山行報告
入会案内
お役立ちリンク集
公益社団法人 日本山岳会
公益社団法人 東京都山岳連盟
お問合せ