多摩百山 多摩百山TOP

多摩百山ガイドを公開しました。

 日本山岳会東京多摩支部は設立5周年記念事業として「多摩百山」を選定しました。
 多摩地域には約350を超える山々があります。その盟主は深田久弥の日本100名山にも選定されている東京都の最高峰である雲取山(2017.1m)です。
奥多摩地域の山々は東京都の奥座敷といわれ、交通の便にも恵まれた身近な存在としてありますが、その山々は深い渓谷の奥にあり、春の芽吹き、秋の紅葉シーズンにはとくに美しい姿を見せてくれます。
 東京多摩支部では、その美しい山々を延べ150人の支部会員が実際に歩いて実地調査を行い、百山を45のコースで登るガイドにまとめました。
 多摩の美しい山々を安全に楽しんでいただきたいとの思いで、皆様にここにご提供させていただきます。十分に下調べをした上で安全に山に登っていただければと願っております。  ガイドはこちらから 


第8期 初心者向け登山講座&登山実習  受講生募集案内!

・立川市民交流大学 団体企画提案型講座
・企画・運営 公益社団法人日本山岳会東京多摩支部
楽しく安全な山歩きが楽しめるよう、山歩きの基本的な知識やマナーを学びます。
講師は、経験豊富な日本山岳会東京多摩支部のスタッフです。山登りに欠かせない基礎的な知識や技術を楽しく分かりやすく教えます。
講座と並行して、奥多摩三山を登る初心者向け登山実習が用意されています。サポートするのは日本山岳会東京多摩支部の経験豊富な山のベテランが親切丁寧に指導します。山歩きが初めての方でも安心してご参加できます。
◇会場  立川市女性総合センター5階 第3学習室
◇時間  18:30〜20:30
◇対象  18歳以上の健康な方
◇申込  平成31年4月10日(水)から電話で
      立川市生涯学習推進センター TEL:042-528-6872
◇定員  30人 (最小催行人数20人)
      ※立川市在住・在勤の方が優先されます。
◇受講料 1,000円
◇講座カリキュラム
・第1回講座  5月8日(水) 「山の歩き方」  講師:宮ア紘一
・第2回講座  5月22日(水) 「登山装備全般」 講師:楠田真浩
・第3回講座  6月5日(水) 「地図の読み方」 講師:宮崎紘一志
・第4回講座  6月13日(木) 「医療と手当・トレーニング」 講師:野口いづみ
・第5回講座  7月3日(水) 「山の天気」 講師:城所邦夫
 詳細はこちらから 


第6期初級登山教室 修了登山「雲取山」報告

 初心者向け登山講座から数えて2年、第6期生もいよいよ修了登山の日を迎えた。5日前に雲取山荘付近で42cmの積雪との情報があり、期待と不安のなかの出発になった。 バス待ちの長い行列でごった返す奥多摩駅前、受講生たちは慣れたもので、迷わず丹波行きの行列に加わっていく。滞りなく鴨沢に到着。数日前の降雪の気配はなく、青空のもと日差しはすでに春のものだ。小袖乗越を過ぎ、小袖の集落を見下ろす辺りまで来ると、谷の奥に雪のついた石尾根が見えてきた。
 詳細はこちらから 


第7期初級登山教室 登山実習「扇山」報告

 第7期初級登山教室第1ステップ最後の山行「扇山」の天気予報はあまり芳しくないが実行することとした。朝からどんより曇っており、富士山の展望は期待できそうにない。百蔵山の急な下りと大久保山の急な登りを体験することに専念しよう。  やはり予想通り気温は低い。舗装された急な生活道路を登り、途中から登山口への道に入る。天候が良ければ振り返ると富士山を望めるが、今日はそれもない。
 詳細はこちらから 


2月定例山行「湯ノ丸山、村上山」報告

 二日目。湯の丸山頂を目指しながら、何度も「サイコーッ」と叫ぶほど気持ちのいい登りでしたが、いえいえ、山頂でその興奮は最高潮に。私たちは、有名な山の見本市のような豪勢な大パノラマにぐるり囲まれました。おまけに日本海の水平線まで見えちゃって。なんですかっこの景色はーっ。雲一つない真っ青な空の下に、ずらり豪華絢爛浮かび上がる山々は、もはやバーチャル映像を見ているかのようでした。
 詳細はこちらから 


沢登り同好会「オフシーズントレーニング・地形図とコンパスで尾根歩き」報告

    沢登り同好会では昨年9月、西丹沢「沖ビリ沢」で地図読み講習山行を行った。終了後、オフシーズンにも尾根歩きで地図読み講習を実施したいとの要望が出され、講師役を中村SLに引き受けてもらい、尾根歩きでの地図読み山行を実施することとなった。 小篠貯水池で林道から分かれて北西尾根に取り付く。
 詳細はこちらから 


第1期中級登山教室 「丹沢主稜縦走」報告

 寒気の南下に関東甲信地方も降雪の可能性いう気象係からの連絡に、極寒の防寒具と、山荘での飲料水の供給は購入でしかないという情報から、あれもこれもと詰め込んだザックで、大倉バス停に集合した。
 バス停では、まだ降雪していなかったものの、見上げる山頂方面は、厚い雲におおわれ、山頂は降雪であろう、明日こそ好天であれと願った。 
出発前のミーティングでは、これからの降雪量、下山集落の寄り合いバス運航状況によっては、翌日の下山ルートの変更もあり、とリーダーからの指示。ひとまず、一日目は、みやま山荘を目指し、スタートした。
 詳細はこちらから 


セルフレスキュー講習会 「登山のためのテーピング講習会」報告

 ロープワーク講習でもお世話になったマウンティンゴリラ登山学校の安村講師を迎え、 登山中の怪我を予防するためのテーピング実技講習が行われた。受講者は、それぞれが抱える登山中の痛みなどを予防する方法をマスターできるよう、積極的に講習会に参加していた。安村講師の優しい語り口で、理論から実技まで分かりやすく学ぶことができた。実技講義後には、受講者からさまざまな対応策の質問があり、時間を延長して実技講習を行った。
 詳細はこちらから 



2月平日山行「要害山」報告

 平日山行の試みとして、週間天気予報を見てから申し込み出来るように、申し込みを5日前の土曜日までとしてみた。しかし春先の変わり易い天気予報に返って振り回される結果となった。1週間前の晴天の予報がだんだん悪くなり前日の昼には「明日は夕方から雨か」との予報。山行は低山のハイキング、歩行時間4時間、夕方から小雨程度ならと催行を決めた。しかし上野原に集合した時には早くも小雨、バスを降りて雨具を着る。
 詳細はこちらから 


自然保護講演会
「謎解き登山のススメ:地形・地質から植生を考える」報告

 今回の講演は、自然をよく見ながらゆっくりと山に登る「知的登山」(別の言い方で「謎解き登山」)を生態学を含め提案する内容である。知的登山では、ある植物を見たらその生えている場所を観察し、さらにそこの気候や地形、地質を見て、「なぜそこにこの植物が生えているのか」を探り、こうすることによって山の自然を見る目が次第に広がり、それを繰り返すうちに、山の生い立ちから山をつくる岩石、さまざまな地形、土壌、さらにそこに生えている植物までが一連の「つながり」として理解できるようになる。このことは、自然保護の理論武装に役に立つことになる。
 詳細はこちらから 


 トピックス
大蔵喜福さんと行く「高尾山・親子森育ハイキング」募集案内  new!
会員対象「雲取山石尾根登山道整備(石積み)作業」案内  new!
第6期初級登山教室「雲取山」報告  new!
第7期初級登山教室「扇山」報告  new!
サテライト・サロン多摩報告  new!
第8期 初心者向け登山講座募集案内  !!
2月定例山行「湯ノ丸山、村上山」報告
会員対象「三ッ峠アツモリソウ保護活動」案内
第1期中級登山教室「丹沢主稜縦走」報告
第105回幹事会報告
2月平日山行「要害山」報告

 
登山教室
 
会員募集中

 メニュー
会員専用ページ
公益社団法人 日本山岳会
奥多摩BC
都岳連情報
定例山行案内
平日山行案内
都県分境嶺踏査山行
入会案内
お役立ちリンク集
お問合せ